【TV放送】BS世界のドキュメンタリー「チェコ・スワン」(2019年1月8日)

NHK BS 世界のドキュメンタリーでは、チェコのおばちゃん達が『白鳥の湖』を踊ることに挑戦することになった映画『チェコ・スワン』を2019年1月8日(火)に放送します。

2018年11月下旬から東京都写真美術館ホールなどで順次公開されている映画で、これから公開される地域もありますが、はやくもテレビで上演されるそうです!(ビックリ)

映画「チェコ・スワン」

チェコ共和国とバレエ

チェコと聞くとどのようなイメージを持ちますか?

チェコではバレエが盛んなのでしょうか?

チェコといえば、東欧あるいは中欧の小さな国、美しい古都プラハ、ピルスナービールなどが思い浮かぶのではないでしょうか。

『モルダウ(チェコ語ではヴルタヴァ)』で有名なスメタナを輩出するなど、音楽がとても盛んな国であり、バレエも人気があります。

バレエ関係でいくつか挙げてみたいと思います。

もっとも重要な現代の振付家の一人であるイリ・キリアンもチェコ出身です。

日本でも絶大な人気がある英国ロイヤル・バレエのワディム・ムンタギロフがイングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)時代に伝説的なパートナーシップを築いた相手ダリア・クレメントヴァ(Daria Klimentová)もチェコ出身です。

ダリア・クレメントヴァさんは、2013年に新国立劇場バレエ団『ジゼル』でワディム・ムンタギロフさんと一緒に客演し、その後、新国立劇場バレエ団でゲスト・コーチを務めたこともあります。

現在は、英国ロイヤル・バレエ・スクールのアッパー・スクール教師として後進の育成に務めているなど活躍されていますね。

映画「チェコ・スワン」概要

■タイトル 「チェコ・スワン(原題:CZECH SWAN)」

■制作 CoLab Pictures(ポーランド・チェコ 2015年)

■監督 アレクサンドラ・テルピンスカ

映画は、バレエ『白鳥の湖』を踊ることを夢見たチェコのある村のおばちゃん達が、プロのバレエ団で『白鳥の湖』の主役に抜擢されたばかりの若いバレリーナであるマルケタから特訓を受けて果敢に(?)挑戦する顛末を描いたもののようです。

プロのバレエ団が踊るシーンも少しあるかも知れませんね。

大人になってからバレエを始めた方にとっては感情移入して見入ってしまうのでは。

映画「チェコ・スワン」予告編

2018年11月下旬から東京都写真美術館ホールで上映され、2019年1月には、1~2週間の予定でユジク阿佐ヶ谷、名古屋シネマテーク、出町座(京都)にて上映されています。

また、2月には、シネ・ヌーヴォ(大阪)、神戸アートビレッジセンター(神戸)で上映予定です。

映画「チェコ・スワン」の詳細は公式サイトをご確認ください。

>>> 映画「チェコ・スワン」公式サイト

BS世界のドキュメンタリー「チェコ・スワン」放送概要

■日時 2019年1月8日(火)23:00~(46分)

■放送局 NHK BS1

■公式サイト BS世界のドキュメンタリー

シェアする

フォローする