《神奈川》スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』2020年11月28日(土)・29日(日)テアトロ・ジーリオ・ショウワで上演

スターダンサーズ・バレエ団は『くるみ割り人形』を2020年11月28日(土)・29日(日)に神奈川県・新百合ヶ丘のテアトロ・ジーリオ・ショウワで上演します。

スターダンサーズ・バレエ団ならではの鈴木 稔版は趣向を凝らした演出で一味違った『くるみ割り人形』を楽しめます。

また、お子様にも嬉しい演出も好評です!

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』

多くの『くるみ割り人形』では、第1幕はクララの家でのクリスマスパーティーが舞台となりますが、スターダンサーズ・バレエ団の『くるみ割り人形』では、ドイツ最大と言われるニュルンベルクの「クリスマスマーケット」が舞台となっています。

ヨーロッパでは、年末にクリスマスマーケットが開催され、ドイツでは約150ものクリスマスマーケットが存在すると言われ、スターダンサーズ・バレエ団の『くるみ割り人形』はこのクリスマスマーケットが再現され、3人組の大道芸人が子どもたちを楽しませます。

雪のシーンではコンテンポラリーの要素を取り入れたアクロバティックな踊りが披露され、ダンサーにとって前が見えなくなるほどの激しい雪が降ります。

第2幕は「お菓子の国」ではなく「人形の国」という設定で、第1幕の人形劇に登場する各国の人形たちが登場します。

舞台美術は英国人デザイナーのディック・バードさんが担当しています。

鈴木 稔版『くるみ割り人形』の舞台美術を制作して以来、短縮版『白鳥の湖』、『迷子の青虫さん』、バレエ『ドラゴンクエスト』の新デザインも手がけ、スターダンサーズ・バレエ団の舞台には欠かせないデザイナーとなっています。

『くるみ割り人形』終演後のカーテンコールでは、おなじみのイベントが行われ、とくに前方の座席の人には良いこと(内緒?)がありますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策もあり、例年同様に実施されるのか分かりませんが、楽しみにしましょう!

【キャスト】
■11月28日(土)
・クララ:塩谷綾菜
・王子:林田翔平
■11月29日(日)
・クララ:渡辺恭子
・王子:池田武志

【スタッフ】
演出・振付:鈴木 稔
舞台美術・衣裳:ディック・バード
音楽:P.I.チャイコフスキー
指揮:田中良和
管弦楽:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
コーラス:ゆりがおか児童合唱団
照明:足立 恒
舞台監督:森岡 肇
バレエ・ミストレス:小山 恵美
総監督:小山久美

予告編

スターダンサーズ・バレエ団「くるみ割り人形」/THE NUTCRACKER by STAR DANCERS BALLET
スターダンサーズ・バレエ団「くるみ割り人形」/THE NUTCRACKER by STAR DANCERS BALLET

公演概要

■日程:
・2020年11月28日(土)14:00開演(13:15開場)
・2020年11月29日(日)14:00開演(13:15開場)
(全2公演)
■会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ(小田急線新百合ヶ丘駅より徒歩4分。アクセス詳細はこちら
■チケット(税込):
SS席:10,000円
S席:9,000円/S席子ども:6,000円
A席:6,000円/A席子ども:4,000円
B席:3,000円/B席子ども:2,000円
C席:1,000円
(注)子どもは4歳から中学生が対象。4歳未満のお子様は入場できません。
■発売
・SDBフレンズ先行販売期間:9月4日(金)10:00〜6日(日)23:59
・一般発売開始:9月11日(金)10:00〜
■公式サイト:https://www.sdballet.com/performances/2011_thenutcracker/