ワールド・バレエ・デー 2020(World Ballet Day 2020)2020年10月29日(木)に開催

2020年のワールド・バレエ・デー が、10月29日(木)に開催されることが公表されました。

毎年10月恒例の一大イベントですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年は開催されないのではないかと、多くのバレエファンが心配していただけに、嬉しいニュースです!

ワールド・バレエ・デー 2020
World Ballet Day 2020

英国ロイヤル・バレエやボリショイ・バレエ 、オーストラリア・バレエを中心に世界的なダンス・カンパニーが参加し、リハーサルや舞台裏の映像をライブ・ストリーミングで楽しめるワールド・バレエ・デー 2020が2020年10月29日(木)に開催されます。

新型コロナウイルス感染症の問題により、2020年の開催が危惧されていましたが、今年も実施されることが発表され、多くのバレエファンが安堵しているのではないでしょうか。

ワールド・バレエ・デーとは?

「ワールド・バレエ・デー」って何?と思った方もいらっしゃるかと思いますので簡単に説明します。

ワールド・バレエ・デーは、英国・ロンドンの英国ロイヤル・バレエ、ロシア・モスクワのボリショイ・バレエ、オーストラリア・メルボルンのオーストラリア・バレエが中心となって世界的なダンス・カンパニーが参加し、クラスレッスンや舞台のリハーサル風景、インタビューなどをYouTubeFacebookなどでライブ・ストリーミング(生配信)するイベントです。

2014年に最初のワールド・バレエ・デーが開催されて以来、世界的なカンパニーやバレエファン、関係者を結びつける素晴らしいプラットフォームとしてしっかり定着してきました。

昨年開催された「World Ballet Day 2019」は、英国ロイヤル・バレエ、ボリショイ・バレエ、オーストラリア・バレエがホストカンパニーとなり、30以上の世界中の著名なバレエ団やバレエスクールが参加しました。

2019年はもっとも成功した年であり、世界中から3億1,500万人のソーシャルメディアユーザーが参加しました。

ワールド・バレエ・デー 2020

ワールド・バレエ・デー 2020は、日本時間の2020年10月29日(木)11:00にオーストラリア・バレエによるライブ・ストリーミング(生配信)で幕を開け、ボリショイ・バレエ(16:00〜) 、英国ロイヤル・バレエ(20:00〜)へとバトンを繋げていきます。

参加するカンパニーは、FacebookとYouTube、中国ではテンセントビデオを介して配信されます。

世界中のカンパニーが、新型コロナウイルス感染症の影響により、長期間にわたりリハーサルを行うことも公演を開催することもできませんでしたが、徐々に舞台に戻り始めています。

今年のワールド・バレエ・デー 2020では、世界中のカンパニーが新型コロナウイルス感染症にどのように対応しながら活動しているのかを知る機会にもなりそうです。

なお、ワールド・バレエ・デー 2020の詳細なスケジュールは追って発表される予定です。

#WorldBalletDay 2020 trailer – join us on 29 October
#WorldBalletDay 2020 trailer – join us on 29 October