【オーディション】ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』(2020年再演)

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』が、2020年の夏に再演されることになりました。

再演にあたり、主演のビリー役をはじめ、マイケル、デビー、バレエガールズの合計4役のオーディションが開催されます。

オーディションの申し込み締切りは2019年3月1日(金)です。

映画版の『リトル・ダンサー』(Billy Elliot)は、成長したビリー役を英国ロイヤル・バレエのアダム・クーパーが演じて話題となったこともあり、バレエファンにとってはもっとも人気のあるバレエ映画の一つです。

今回は、バレエを習っているお子様がいる親御さん、お知り合いの方には関心の高いと思われるこのニュースについてお知らせします。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』について

2000年に上映された映画『リトル・ダンサー』(Billy Elliot)を基づき、2006年にはミュージカルが初演され、世界中で大ヒットしています。

2017年には日本人キャストによる公演が上演され、東京と大阪の公演で合わせて16万人もの観客を動員しました!

この成功を受け、2020年の再演が決定しオーディションが開催されます。

ビリーは、バレエダンサーを夢見る11歳の少年という設定から、11歳の少年を演じられることが条件となってます。

下の映像は、2017年に上演された際のプロモーションビデオです。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』最新スポット 30秒ver.

(YouTube / ホリプロステージ Horipro Stage 公式チャンネル)

ミュージカル版『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』をご存じない方は、下のダイジェスト映像もご覧いただき、舞台の雰囲気を感じてみてください。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』 ダイジェスト映像

(YouTube / ホリプロステージ Horipro Stage 公式チャンネル)

ビリー役の条件として、備考には「バレエ、タップ、アクロバット、歌などができればなお良し。」という記載があります。

このような条件を見て、オーディションには関心があるけどバレエはもとよりダンスの経験がないことから諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、2017年の公演では、ダンス経験がほとんどない山城 力くんもオーディションに臨み、身体能力と気持ちの強さで5人目のビリー・エリオット役を射止めたそうです!

ぜひ、下の映像を確認してみてください!

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』山城力いよいよデビュー!

(YouTube / ホリプロステージ Horipro Stage 公式チャンネル)

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』 オーディションの概要

■募集配役
・ビリー役(主役)
・マイケル役 (ビリーの親友)
・ビー役(ウィルキンソン先生の娘)
・バレエガールズ
配役により、年齢、性別、身長、ダンスなどの条件が定められています。
とくに、ビリー役とマイケル役は、声変わりをしていないことも条件に明示されています。

■公演期間
【東京公演】2020年7月中旬~10月中旬
【大阪公演】2020年10月中旬~11月中旬

オーディションの詳細、応募は公式サイトをご確認ください。

>>> 【公式】ミュージカル「ビリー・エリオット」