牧阿佐美バレヱ団『飛鳥 ASUKA』(全幕)2022年9月に東京文化会館で上演

牧阿佐美バレヱ団は、2021年10月に永眠された牧阿佐美さんの追悼公演として、『飛鳥 ASUKA』(全幕)を2022年9月3日(土)・4日(日)に東京・上野の東京文化会館 大ホールで上演します。

牧阿佐美さんの母である橘 秋子さんが日本のバレエを求めて創作した作品で、その後、牧阿佐美さんによって振付と演出が改訂されてきた、牧阿佐美バレヱ団にとって非常に重要なレパートリーです。

主要なキャストが出演し作品の魅力を伝える「インスタライブ」が行われることが決まりました!
第一弾は、8月9日(火)実施予定です。

牧阿佐美追悼公演
牧阿佐美バレヱ団『飛鳥 ASUKA』(全幕)

『飛鳥 ASUKA』は、「牧阿佐美バレヱ団結成第二回公演」として1957年4月に『飛鳥物語』という演目名で初演されました。

いにしえの奈良を舞台とし、人間の世界と神々の世界が交錯する壮大な愛の物語で、当初は雅楽を用いた二幕ものでしたが、雅楽特有の音の出が難しかったため、1962年には片岡良和さんが作曲した管弦楽へと変更され、三幕およびエピローグからなるグランド・バレエとして生まれ変わりました。

バレエ団にとって節目の年である1986年(創立30周年)、2016年(創立60周年)と改訂が繰り返されていますが、2016年には、想像が限定されることを嫌い、演目名の『飛鳥物語』から「物語」を取り、『飛鳥 ASUKA』に改められています。

キャスト

9月3日(土)
春日野すがる乙女(かすがのすがるおとめ):青山季可
岩足(いわたり):清瀧千晴
竜神:菊地 研
黒竜:佐藤かんな
竜神の使い:ラグワスレン・オトゴンニャム
竜剣:阿部裕恵
9月4日(日)
春日野すがる乙女(かすがのすがるおとめ):中川 郁
岩足(いわたり):水井駿介
竜神:菊地 研
黒竜:田切眞純美
竜神の使い:ラグワスレン・オトゴンニャム
竜剣:阿部裕恵
演奏
■指揮:デヴィッド・ガルフォース
■演奏:東京オーケストラMIRAI

スタッフ

スタッフ
改訂演出・振付:牧阿佐美(『飛鳥物語』1957年初演、台本・原振付:橘 秋子)
作曲:片岡良和
美術監督:絹谷幸二
映像演出:株式会社Zero-Ten

【動画】牧阿佐美バレヱ団 2022年9月公演「飛鳥-ASUKA-」P.V.(YouTube「Asami Maki Ballet Tokyo」チャンネル)

【動画】“ASUKA” Story Movie ASAMI MAKI BALLET TOKYO《牧阿佐美バレヱ団「飛鳥」全幕 ストーリー映像》(YouTube「Asami Maki Ballet Tokyo」チャンネル)
スヴェトラーナ・ルンキナさんとルスラン・スクヴォルツォフさんが主演し、竜神を菊地 研さんが演じたときの舞台を収録したダイジェストです。

「飛鳥ASUKA」インスタライブ

第一弾
■日程:2022年8月9日(火)20:00〜
■司会進行:折井理子(ミュージカル女優、中野区観光大使)
■出演:
【前半】すがる乙女役の青山季可さんと中川 郁さん
【後半】黒竜役の佐藤かんなさんと田切眞純美さん
■牧阿佐美バレヱ団公式Instagram:
 https://www.instagram.com/asamimakiballettokyo/
公演情報
■日程:
・2022年9月3日(土)15:00開演
・2022年9月4日(日)15:00開演
■会場:東京文化会館 大ホール
■アクセス:
・JR「上野駅」公園口改札徒歩約1分
・東京メトロ「上野駅」7番出口徒歩約5分
・「京成上野駅」正面口改札徒歩約7分
(アクセス詳細はこちら
■チケット:
・S席:14,000円
・A席:11,000円
・B席:8,000円
・C席:5,000円
・D席:2,000円
(注)未就学のお子様は入場できません。
■公式サイト:https://www.ambt.jp/pf-asuka2022/