【公演情報】Hiroto’s Show(豪華ゲストも魅力)

男性だけのコメディー・バレエ団 トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団初の日本人ダンサー名取寛人さんが故郷埼玉県鴻巣市において自身のプロデュースする Hiroto’s Show 『DREAM OF THE NUTCRUCKER くるみ割り人形からの贈り物 春バージョン』を上演します。

公演は2018年3月31日(土)と4月1日(日)の二日間で合計3公演です。

名取寛人とは?

冒頭にも紹介したように、男性だけのコメディー・バレエ団 トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団に日本人として初めて入団したダンサーです。

異色なのは、昨夏に自伝を発表し、女性に生まれ、性別適合手術を受け男性になったことです。

『世界をカエル 10代からの羅針盤 スカートはかなきゃダメですか?【~ジャージで学校~】』理論社(2017年08月発行)

現在は、日本に帰国しバレエ講師として活躍されています。

Hiroto’s Show

名取寛人さんが構成・演出を手掛けるショーで今回が5回目となります。

今回のタイトルは、

『DREAM OF THE NUTCRUCKER くるみ割り人形からの贈り物 春バージョン』

で、豪華出演者も魅力です。

K-BALLETの浅川紫織さん、遅沢佑介さんが出演します。

また、新国立劇場バレエ団の木村優子さん、東京バレエ団の中沢恵理子さん、夫妻でAltneu(アルトノイ)というユニットを結成している酒井はなさん(元新国)と島地保武さんも出演します。

コンテンポラリーからは加賀谷香さんも出演します。

金平糖の精は、浅川紫織さんと佐藤優美さんのダブルキャストです。

佐藤さんは、2014年2016年全日本バレエコンクール金賞、まちだ全国バレエコンクール1位、バレエコンクールin横浜1位、FLAP全国バレエコンクール1位、ヨコハマコンペティション1位、プリンシパルコンペティション1位、埼玉全国バレエコンクール2-1位と驚くべき実績の持ち主です。

リハーサルの様子がYouTubeで公開されています。

公演概要

日時 2018年3月31日(土)14:00~/18:00~(2回公演)、4月1日(日)15:00~(1回公演)

場所 鴻巣市文化センター(クレアこうのす) 大ホール

主要キャスト

くるみ割り人形:名取寛人

金平糖の精:浅川紫織(K-BALLET COMPANY / 31日ソワレ、1日)、佐藤優美(31日マチネ)

王子:遅沢佑介K-BALLET COMPANY)

ドロッセルマイヤー:加賀谷香(1日)、中谷眞弓(31日)

スペシャルドールズ:Altneu(酒井はな、島地保武)蝶羽

アラビア:金田あゆ子、梶谷拓郎

桜の女王:中沢恵理子(東京バレエ団)

スペイン:安達洸、佐藤祐基

あしぶえ:木村早智、木村優子(新国立劇場バレエ団)、山口真冬

トレパック:小山憲

チャイナ:池内佳奈、池内理紗、平田優花、松本鷹仁、三船仁、

ママ:林真衣

4月1日は完売間近ですが、3月31日は当日券があるそうです。

情報は、名取寛人さんのブログでご確認ください。

⇒ https://hirotontr.wordpress.com/