マシュー・ボール出演!公演ごとの主役も発表!マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』日本公演/2019年7月

2019年7月にBunkamura オーチャードホールにて上演されるマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』の出演キャストがついに発表され、英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル マシュー・ボールの出演が正式に明らかになりました!!!

キャスト発表までチケット購入を控えていた方も少なくないのでは?

今回は、マシュー・ボール出演決定のビッグ・ニュースをお知らせします!

【5/14追記】公演ごとの主役を追記しました!

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』(新演出版)キャスト決定!

男性による『白鳥の湖』で一世を風靡したマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』が、2019年夏、新演出版となって来日公演を開催します。

新演出版では、照明デザインは一新され、舞台装置も刷新されているといいます。

一足先に上演された英国では、2018年にプリンシパルに昇格した英国ロイヤル・バレエ団のマシュー・ボールが主演したことが話題になっていたことから、来日公演で彼が出演するか否かがバレエ・ファンにとって注目されていました。

来日公演のキャストがなかなか発表されずにヤキモキしていたファンも少なくないことと思います。

主役スワン/ストレンジャー役 マシュー・ボール Photo by Johan Persson

主役 スワン/ストレンジャー

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』来日公演で主役 スワン/ストレンジャー役にキャスティングされたのは、マシュー・ボールを含め、次の3名です。

◆ マシュー・ボール(Matthew Ball)
◆ ウィル・ボジアー(Will Bozier)
◆ マックス・ウェストウェル(Max Westwell)

昨年2018年に英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルに昇格したマシュー・ボール、ミュージカルの世界からオーディションで見出されたウィル・ボジアー、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)でソリストとして活躍したマックス・ウェストウェルの3名です。

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』の初代スワン/ストレンジャー役を演じたのは、当時、英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルに昇格したばかりのアダム・クーパーです。

時代は巡り、同じく英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルに昇格したばかりのマシュー・ボールが新演出版でスワン/ストレンジャー役を演じるのは感慨深いですね。

左より)マシュー・ボール、ウィル・ボジアー、マックス・ウェストウェル

王子

◆ ドミニク・ノース(Dominic North)
◆ ジェイムズ・ラヴェル(James Lovell)

左より)ドミニク・ノース、ジェイムズ・ラヴェル

(5/14追記)公演ごとの主役

公演ごとの主役が発表されましたので、追記します。
マシュー・ボールは後半の公演に合計4回出演予定です!

(左:スワン/ストレンジャー、右:王子)

7/11(木)13:30 マックス・ウェストウェル/ドミニク・ノース
7/11(木)18:30 ウィル・ボジアー/ジェイムズ・ラヴェル
7/12(金)13:30 マックス・ウェストウェル/ドミニク・ノース
7/13(土)12:30 ウィル・ボジアー/ジェイムズ・ラヴェル
7/13(土)17:30 マックス・ウェストウェル/ドミニク・ノース
7/14(日)12:30 ウィル・ボジアー/ドミニク・ノース
7/14(日)17:30 マックス・ウェストウェル/ジェイムズ・ラヴェル
7/15(月)12:30 ウィル・ボジアー/ドミニク・ノース
7/17(水)13:30 マックス・ウェストウェル/ジェイムズ・ラヴェル
7/17(水)18:30 マシュー・ボール/ドミニク・ノース
7/18(木)13:30 マックス・ウェストウェル/ドミニク・ノース
7/19(金)13:30 ウィル・ボジアー/ジェイムズ・ラヴェル
7/19(金)18:30 マシュー・ボール/ドミニク・ノース
7/20(土)12:30 マシュー・ボール/ドミニク・ノース
7/20(土)17:30 ウィル・ボジアー /ジェイムズ・ラヴェル
7/21(日)12:30 マシュー・ボール/ドミニク・ノース

スワン/ストレンジャー役、王子役以外の公演ごとの配役については直前に発表予定です。

主役3名が語るマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』

主役3名がマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』について語る映像が公開されました。

クラシック・バレエ出身者が2名、ミュージカル出身者が1名とバックグラウンドは異なりますが、3名ともこの役に憧れていたことがよく分かりました。

とくにマシュー・ボールは、「子供のとき初めてこの役を観た瞬間から惹きつけられてしまった。それから真剣に全力でダンスに取り組み始めた」と語り、この作品に出会ったことが大きな契機となり今の彼があることがうかがい知れます。

マシュー・ボーンはマシュー・ボールがどれくらいこの作品から影響を受けたのか、「マシュー・ボールとは舞踊批評家協会賞の式で会いこの作品が彼に影響を与えたことを聞いた。8歳頃 観て買ったTシャツを今も持ってると」という微笑ましいエピソードを紹介してくれました。

最後にマシュー・ボールが「ダンスを始めた理由はきっと皆同じだ。これは素晴らし経験になる」と瞳を輝かせながら語ったところでは、筆者自身がダンスを始めた頃の情熱を思い出し、胸が熱くなりました。

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』でマシュー・ボール、ウィル・ボジアー、マックス・ウェストウェルの3名が感動的な舞台を披露してくれる日が待ち遠しいですね!

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』座談会

(YouTube / ホリプロステージ Horipro Stage 公式チャンネル)

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』 公演概要

■日程:2019年7月11日(木)~7月21日(日)(全16回公演)
■会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)
■アクセス:各線「渋谷駅」から徒歩約5~7分/京王井の頭線 「神泉駅」から徒歩約7分
■料金:S席 13,000円/A席 9,500円/B席6,000円
(※未就学児は入場できませんのでご注意ください)
■上演時間:ACT1(70分)/休憩(20分)/ACT2(60分)

公演の詳細や最新情報、チケット購入などについては公式サイトをご確認ください。

>>> https://matthew-swan.com/

>>> https://horipro-stage.jp/stage/swanlake2019/