【公演】新国立劇場バレエ団『アラジン』富山公演/2019年7月6日(土)/5月18日にはワークショップの開催も!

新国立劇場バレエ団は全国公演の一環として『アラジン』を2019年7月6日(土)に富山県のオーバード・ホールにて開催します。

公演関連企画として、5月18日(土)には、新国立劇場バレエ団の現役ダンサーによる未経験者向けのバレエ・ワークショップ(こどもクラス・おとなクラス)も開催されます。

今回は、新国立劇場バレエ団『アラジン』富山公演とワークショップについてお知らせします。

全国公演 新国立劇場バレエ団『アラジン』(富山公演)

新国立劇場バレエ団が上演する『アラジン』は、前芸術監督のデヴィッド・ビントレーさんが新国立劇場バレエ団のために振り付けたオリジナル作品です。

みんなが知っている「アラジンと魔法のランプ」の物語をエンターテイメント性の高い全幕バレエに仕上げました。

子どもから大人まで誰もが心から楽しめるバレエです。

公演概要

■日程:2019年7月6日(土)14:00開演(13:15開場)
■会場:オーバード・ホール(「富山駅」北口正面、徒歩2分)
■キャスト:
– アラジン:福岡雄大(プリンシパル)
– プリンセス:小野絢子(プリンシパル)
■チケット:
S席12,000円/A席10,000円/B席8,000円/C席6,000円
※U-25席2,000円
(一般発売は2019年4月21日(日)10:00〜)

新国立劇場バレエ団 3分でわかる!『アラジン』

(YouTube / 新国立劇場 New National Theatre Tokyo 公式チャンネル)

ワークショップ概要

新国立劇場バレエ団「アラジン」Aladdin
関連ワークショップ企画「はじめてのバレエ」踊るって楽しい!

新国立劇場バレエ団現役ダンサーが指導するバレエ・ワークショップが開催されます。

このワークショップは、未経験者向けで、クラス編成も「こどもクラス」と「大人クラス」の2クラスに分かれて実施しますので、誰でも参加できるやさしいプログラム内容です。

憧れの新国立劇場バレエ団現役ダンサーから直接踊る楽しさを学べる貴重な機会です!
しかも公演チケットをお持ちであれば参加費無料です!

よくよく思い起こしてみると、東京の新国立劇場ではシーズンを通して舞台鑑賞はできますが、新国立劇場ではこのよう現役ダンサーのワークショップを開催することがないんですよね。

全国公演は公演の機会が少ない反面、このような現役ダンサーから直接ご指導いただける機会があり、羨ましいですね!

これは参加しない手はありませんよ!

■日程:2019年5月18日(土)
– こどもクラス 13:30~14:50
– おとなクラス 16:00~17:20
■会場:オーバード・ホール リハーサル室(「富山駅」北口正面、徒歩2分)
■参加費:
– バレエ「アラジン」富山公演チケットをご購入済の方:無料
– 同公演チケットをご購入されていない方:1,000円
■定員:各クラス20人程度
■講師:柴山紗帆(ソリスト)、池田理沙子(ソリスト)、木村優子(アーティスト)
■ピアニスト:圓井晶子
■対象:
– こどもクラス:小・中学生(バレエ未経験またはバレエ経験1年未満対象)
– おとなクラス:高校生から70歳まで(バレエ未経験または初心者対象)
■申込方法:オーバード・ホール公式サイトの新国立劇場バレエ団「アラジン」特集ページの応募フォームよりお申込み。

公演の概要・最新情報、チケット購入、ワークショップの開催情報などについては、オーバード・ホール公式サイトをご確認ください。

>>> オーバード・ホール公式サイトの新国立劇場バレエ団「アラジン」特集ページ