アリーナ・コジョカル『ドリーム・プロジェクト2020』コジョカルとフォーゲル、ポルーニンらが贈るガラ!2020年2月東京と滋賀で上演!

世界のプリマ、アリーナ・コジョカルがフリーデマン・フォーゲル、セルゲイ・ポルーニンらと共演する夢のガラ公演『ドリーム・プロジェクト2020』が2020年2月に東京と滋賀で上演されます。
Aプロはバランシン『バレエ・インペリアル』、Bプロは『マルグリットとアルマン』を中心とした舞台ですが、他のプログラムは、まさにアリーナ・コジョカルが企画を進めているところで、発表が待ち遠しい公演です!

アリーナ・コジョカル『ドリーム・プロジェクト2020』

アリーナ・コジョカルがプロデュースし、ヨハン・コボー、フリーデマン・フォーゲル、セルゲイ・ポルーニンらが出演する夢のガラ公演『ドリーム・プロジェクト2020』。
フレデリック・アシュトンが、マーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフのために振り付けたという伝説の作品『マルグリットとアルマン』をマーゴ・フォンテイン生誕100年を記念して、コジョカルが特別に選んだ演目をセルゲイ・ポルーニンと踊ることが話題となっています。
なお、他の演目とキャストはアリーナ・コジョカルが企画中のため、決まり次第に発表される予定です。

公演概要【東京】

■公演内容・日程:
【Aプロ】

2020年2月5日(水)18:30
2020年2月6日(木)18:30
◆『バレエ・インペリアル』(振付:ジョージ・バランシン)
プリンシパル:アリーナ・コジョカル、フリーデマン・フォーゲル

東京バレエ団
◆『ドン・キホーテ』ディヴェルティスマン ほか
指揮:井田勝大
演奏:シアターオーケストラ トーキョー
【Bプロ】
2020年2月8日(土)13:30
2020年2月8日(土)18:00
2020年2月9日(日)14:00
◆『マルグリットとアルマン』全幕(振付:フレデリック・アシュトン)
マルグリット:アリーナ・コジョカル
アルマン:セルゲイ・ポルーニン 他
◆〈アリーナ・コジョカル レパートリーハイライト〉
コジョカルのレパートリーの中から厳選してお贈りするスペシャルなプログラム! ほか
音楽は特別録音による音源を使用
■会場:Bunkamura オーチャードホール
■アクセス:
・JR線「渋谷駅」ハチ公口徒歩7分
・東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」徒歩7分
・東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」A2出口徒歩5分
(注)2019年11月1日よりBunkamura最寄りの渋谷駅地下出入口番号が3a出口→A2出口に変更
・京王井の頭線「神泉駅」北口徒歩7分
アクセス詳細はこちら
■チケット:
S席:\16,000
A席:\14,000
B席:\12,000
C席:\9,000
D席:\7,000
各種割引もあります。
詳細は公式サイトをご確認ください。
■出演:
アリーナ・コジョカル(イングリッシュ・ナショナル・バレエ リードプリンシパル)
ヨハン・コボー
フリーデマン・フォーゲル(シュツットガルト・バレエ団 プリンシパル)
セルゲイ・ポルーニン(ミュンヘン・バレエ団 ゲストプリンシパル)
オシール・グネーオ(ミュンヘン・バレエ団 プリンシパル)
ナンシー・オスバルデストン(フランドル国立バレエ団プリンシパル)
キミン・キム(マリインスキー・バレエ プリンシパル)
(注)他の出演者とプログラムは調整中
■公式サイト:https://www.nbs.or.jp/stages/2020/cojocaru/

公演概要【滋賀】

■日程: 2020年2月11日(火) 14:00開演(13:15開場)
■会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール(アクセスはこちら
■チケット:
SS席:【限定38席】15,000(14,000)円  ※取扱終了
S席:13,000(12000)円
A席:11,000(10,000)円
B席:9,000(8,000)円
C席:7,000(6,500)円
D席:5,000円
※( )内は友の会会員料金
※青少年割引当日券有
■出演:
アリーナ・コジョカル(イングリッシュ・ナショナル・バレエ リードプリンシパル)
(ミュンヘン・バレエ団 ゲスト・プリンシパル)
オシール・グネーオ(ミュンヘン・バレエ団 プリンシパル)
ナンシー・オスバルデストン(フランドル国立バレエ団 プリンシパル) ほか
■演目:
フレデリック・アシュトン振付 『マルグリットとアルマン』(全編)
『ドン・キホーテ』より ディヴェルティスマン ほか
■公式サイト:https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2019/11/18/2020-1.html

ダンスマガジン 2019年12月号
アリーナ・コジョカル 特集記事

新書館発行のバレエ雑誌『ダンスマガジン』の2019年12月号には、アリーナ・コジョカルの特集記事として「特別企画 アリーナ・コジョカル 夢の軌跡」が掲載されています。
特別ロングインタビューでは、子ども時代の話から12月に初演予定のジョン・ノイマイヤー新作のリハーサルまで話しています。
『ドリーム・プロジェクト2020』に出演予定で公私ともにパートナーであるヨハン・コボーのインタビューや同じく『ドリーム・プロジェクト2020』に出演するシュツットガルト・バレエ団プリンシパルのフリーデマン・フォーゲルのインタビュー、恩師アラ・ラーゴダのインタビューも掲載されており、アリーナ・コジョカルをよく知る人から見た彼女の魅力を教えてくれます。

アリーナ・コジョカル『ドリーム・プロジェクト2020』鑑賞前に目を通せば、舞台鑑賞の楽しみも一層広がります!