Kバレエ カンパニー『トリプル・ビル』浅川紫織さん出演!2020年3月Bunkamuraオーチャードホールで上演

Kバレエ カンパニーは、2020年3月20日(金・祝)~3月22日(日)にBunkamuraオーチャードホールでトリプル・ビル公演(『春の祭典』『若者と死』『シンプル・シンフォニー』)を上演します。
2018年10月に『ロミオとジュリエット』でジュリエットを演じ、現役ダンサーを引退した浅川紫織さんが『若者と死』で舞台復帰を果たす、というビッグ・サプライズ・ニュースも飛び込んできました!

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY
Spring 2020『トリプル・ビル』

Spring 2020『トリプル・ビル』 プログラム

『春の祭典(The Rite of Spring )』
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー

振付:渡辺レイ

『若者と死(Le Jeune Homme et la Mort )』
音楽:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

振付:ローラン・プティ

『シンプル・シンフォニー(Simple Symphony )』
音楽:ベンジャミン・ブリテン

振付:熊川哲也

イリ・キリアン率いるNDT(ネザーランド・ダンス・シアター)などで活躍してきた渡辺レイさんが、1913年にバレエ・リュスによって初演されて以来、多くの振付家を魅了してきたストラヴィンスキー『春の祭典』に振り付ける新作を披露します。

ローラン・プティの『若者と死』は、日本における上演権を許されている熊川哲也さんにとってはダンサーとしても重要なレパートリーですが、選ばれたトップダンサーのみが踊ることを許された演目であり、熟慮の結果、今のKバレエであれば上演できると決断されたされたそうです。
この作品では、股関節のけがのために2018年10月上演の『ロミオとジュリエット』を最後に現役ダンサーを引退した浅川紫織さんが舞台復帰することも発表されました!
まさか、浅川紫織さんが再び舞台上で踊る日が来ることはないと思っていただけに、とても嬉しいサプライズ・ニュースです。

『シンプル・シンフォニー』は、英国が誇る作曲家ブリテンの同名交響曲に熊川哲也さんが振り付けた物語を持たないシンフォニック・バレエです。
密度も技術的な難度も非常に高いステップが織り込まれた作品は、踊り切ることは過酷を極めるがゆえに、全てのダンサーが調和したときには得も言われぬ美しい絵が立ち昇ると言われます。

Spring 2020『トリプル・ビル』 日程・キャスト

3月20日(金・祝)13:30
若者と死:堀内將平、浅川紫織
シンプル・シンフォニー:毛利実沙子、伊坂文月、小林美奈、杉野 慧、戸田梨紗子、石橋奨也
春の祭典:K-BALLET COMPANY

3月21日(土)13:30
若者と死:山本雅也、矢内千夏
シンプル・シンフォニー:成田紗弥、髙橋裕哉、佐伯美帆、西口直弥、高橋怜衣、栗山 廉
春の祭典:K-BALLET COMPANY

3月21日(土)17:30
若者と死:堀内將平、浅川紫織
シンプル・シンフォニー:毛利実沙子、伊坂文月、小林美奈、杉野 慧、戸田梨紗子、石橋奨也
春の祭典:K-BALLET COMPANY

3月22日(日)13:30
若者と死:山本雅也、矢内千夏
シンプル・シンフォニー:成田紗弥、髙橋裕哉、佐伯美帆、西口直弥、高橋怜衣、栗山 廉
春の祭典:K-BALLET COMPANY

■指揮:井田勝大
■管弦楽:シアターオーケストラトーキョー

Spring 2020『トリプル・ビル』 公演概要

■日程:2020年3月20日(金・祝)~3月22日(日)(全4公演)
■会場:Bunkamuraオーチャードホール
■チケット料金(税込):
S:¥13,000
A:¥10,500
B:¥8,500
C:¥5,500
U-25 :¥3,500(対象:5歳~25歳以下の方。 年齢の確認できるものが必要)
■チケット一般販売:2019年12月22日(日)
■公式サイト:K-BALLET COMPANY  Spring 2020『トリプル・ビル』