ジュリアン・マッケイ サンフランシスコ・バレエにプリンシパルとして入団(2021シーズンから)

元ミハイロフスキー劇場バレエのジュリアン・マッケイが、2021シーズンからサンフランシスコ・バレエにプリンシパルとして入団することが発表されました。

2019年11月、ジュリアン・マッケイは、ミハイロフスキー劇場バレエの日本公演『パリの炎』でフィリップ役を演じ、ダイナミックな踊りと貴公子のような容姿で日本のファンを魅了しました。

ジュリアン・マッケイは、その日本公演を最後にミハイロフスキー劇場バレエを退団し、去就に注目が集まっていましが、サンフランシスコ・バレエに2021シーズンからプリンシパルとして入団することが発表されました。

ジュリアン・マッケイは、米国モンタナ州出身の22歳。1997年10月28日

11歳でロシアのボリショイ・バレエ・アカデミーに留学し2015年に卒業。

2015年のローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップを受賞し、英国ロイヤル・バレエの研修生となります。

2016年にはロシアのミハイロフスキー劇場バレエにセカンド・ソリストとして入団し、2017年にはファースト・ソリストに昇格しています。

ジュリアン・マッケイは、サンフランシスコ・バレエにプリンシパルとして入団することを自身のインスタグラムでシェアしています。

View this post on Instagram

Principal Dancer 💫⚡️💥⁣ Super excited to share that I will be joining the @sfballet as a Principal Dancer for this coming season! ⁣ Looking forward to this new adventure, and dancing on stage with this amazing company. ⁣ Thank you Helgi Tomasson for this wonderful opportunity! ⚜️⁣ ⁣ June 22, 2020—San Francisco Ballet and Artistic Director and Principal Choreographer Helgi Tomasson announce the appointment of Julian MacKay, 22, as Principal Dancer, joining the Company in the 2021 Season. A native of Montana, MacKay trained at the Bolshoi Ballet Academy and became the first American to complete both the upper and lower-level school. MacKay medaled in the Prix de Lausanne and won gold medals at the Istanbul International Ballet Competition and Youth American Grand Prix, also winning bronze at Young Ballet of the World (Sochi) and the Beijing International Ballet Competition.  At the age of 17, he made his professional debut as Siegfried in Swan Lake with the Russian State Ballet in Berlin, later joining The Royal Ballet as their 2016 Prix de Lausanne prize winner. Shortly after, upon personal invitation from Mikhail Messerer, MacKay joined the Mikhailovsky Theatre in St. Petersburg as a Second Soloist, later receiving a promotion to First Soloist.⁣ MacKay is fluent in Russian and received his bachelor’s degree in Ballet Master Art and Choreography from GITIS University (Russian Institute of Theatre Arts) in Moscow, Russia.⁣ MacKay’s full repertory and biography is available by request; please contact Kate McKinney, SF Ballet PR & Communications Manager, with inquiries at kmckinney@sfballet.org.⁣ Photo: Julian MacKay © @niczeusmackay

A post shared by JULIAN MACKAY⚜️ (@julianmackay) on

サンフランシスコ・バレエは既に2021シーズンの体制として、Wona Park と Max Cauthorn がカンパニー内からプリンシパルに昇格し、ウィーン国立バレエのファースト・ソリスト(最高位)であるニキーシャ・フォゴがプリンシパルとして移籍することが発表されています。

新たにジュリアン・マッケイがプリンシパルとして入団することが発表され、サンフランシスコ・バレエのファンからは大きな歓声が上がっているのでは。

サンフランシスコ・バレエの2021シーズン・プログラムは下の記事で紹介しています。

サンフランシスコ・バレエ 2021シーズンのプログラムを発表!
サンフランシスコ・バレエ 2021シーズンの7演目が発表されました。2021年1月19日に世界初演2演目を含むトリプル・ビルで開幕...