ラマジーバレエコンペティションwithニーナ アナニアシヴィリ 2022年8月に大阪と東京で初開催!

ラマジーバレエコンペティションwithニーナ アナニアシヴィリが、2022年8月に大阪と東京で初めて開催されることになりました。

ボリショイ・バレエやアメリカン・バレエ・シアターで活躍し、現在はジョージア国立バレエ 芸術監督/トビリシ国立バレエ学校 芸術監督を務めるニーナ・アナニアシヴィリさんを特別審査員として迎え、日本ジョージア国交樹立30周年記念事業の一環として開催されます。

コンペティションの名称にある「ラマジー(lamazi)」は、ニーナ・アナニアシヴィリさんの母国ジョージアの言葉で「美しい」を意味し、このコンペティションから世界の舞台で活躍できるバレリーナを発見・育成するために多数のスカラシップが用意され、海外留学では、ジョージアやオーストリアへの留学・オーディションのアシストが行われます。

コンペティションは、8月3日(水)・6日(土)には大阪・大東市のサーティホールで、9日(火)には東京・江戸川区のタワーホール船堀で開催され、その前後の日程ではニーナ・アナニアシヴィリさんによるワークショップの開催も予定されています。 

また、8月7日(日)にはサーティホールで「ガラ・コンサート&エキシビション」が開催され、新国立劇場バレエ団の米沢 唯さん、速水渉悟さん、英国ロイヤル・バレエの佐々木須弥奈さんらが出演するほか、8月3日(水)・6日(土)の上位入賞者も出演することができます。

コンペティションの申し込み締め切りは7月10日(日)に予定されていますが、各部門・日程におて定員に達した時点で締め切られますので、参加を検討している方は早めにお申し込みください。

ラマジーバレエコンペティションwithニーナ アナニアシヴィリ

コンクール概要
■日程・会場
【大阪】サーティホール 大東市立文化ホール
 ・2022年8月3日(水)
 ・2022年8月6日(土)
 (参考)3日(水)・6日(土)の上位入賞者には7日(日)のエキシビション出演権が授与されます。
【東京】タワーホール船堀
 ・2022年8月9日(火)

(参考)コンクールの前後の日程では、ニーナ・アナニアシヴィリさんによるワークショップの開催が予定されています。詳細は後日発表。

■審査費:27,000円

■審査員:
特別審査員
・ニーナ・アナニアシヴィリ(ジョージア国立バレエ 芸術監督/トビリシ国立バレエ学校 芸術監督)
審査員
・山本隆之(元新国立劇場バレエ団プリンシパル)
・中村美佳(元新国立劇場バレエ団)
・山本悦子
・青木 崇
・末原雅広(ソウダバレエスクール)
・広瀬貴子

■申込期限:2022年7月10日(日)
ガラ・コンサート&エキシビション
■日程:2022年8月7日(日)
■会場:サーティホール 大東市立文化ホール

【エキシビション】
8月3日(水)・6日(土)に開催されるコンペティション出場者の中から、エキシビション出場権を授与された方が演技を披露します。

【ガラ・コンサート】
『ドン・キホーテ』よりグラン・パ・ド・ドゥ
 米沢 唯(新国立劇場バレエ団/プリンシパル)
 速水渉悟(新国立劇場バレエ団/ファースト・ソリスト)
『ジゼル』よりグラン・パ・ド・ドゥ
 佐々木須弥奈(英国ロイヤル・バレエ/アーティスト)
 北井僚太(ポーランド国立劇場バレエ/ソリスト)
『エスメラルダ』よりグラン・パ・ド・ドゥ
 伊東葉奈(Etsuko. BALLET School)
 末原雅広(ソウダバレエスクール)
山本悦子作品
 佐々木須弥奈(英国ロイヤル・バレエ/アーティスト)
 末原雅広(ソウダバレエスクール)
 伊東葉奈(Etsuko. BALLET School)
ほか
Nino Samadashviili(ジョージア国立バレエ/リーディング・ソリスト)
花柳吟明
主 催
■主催:ラマジーバレエコンペティション実行委員会
■公式サイト:https://www.lamazi.jp/index.html