牧阿佐美バレヱ団「ダンス・ヴァンドゥ Danse Vingt-Deux ~牧阿佐美の世界~」2022年11月12日(土)・13日(日)新国立劇場で上演

牧阿佐美バレヱ団は、「ダンス・ヴァンドゥ Danse Vingt-Deux ~牧阿佐美の世界~」を2022年11月12日(土)・13日(日)に東京・初台の新国立劇場 中劇場で開催します。

牧阿佐美バレヱ団は、2021年10月20日にこの世を去った牧阿佐美さんの追悼公演として「飛鳥 ASUKA」(全幕)を上演していますが、今回の公演では「牧阿佐美の世界」というサブタイトルが示すように、牧阿佐美さんの振付作品から多様な作品が抜粋して上演されます。

第1部では、牧阿佐美さん振付作品ではありませんが、ヴィク・ウェルズ・バレエ(現在の英国ロイヤル・バレエ)の設立25周年記念公演のために1956年にフレデリック・アシュトンが振り付けた作品で、日本のバレエ団としては1998年に牧阿佐美バレヱ団が初演している「誕生日の贈り物」が上演されます。

第2部では、初期の作品である「トリプティーク(青春三章)」や創立50年を迎えた2006年に牧阿佐美さん、三谷恭三さん、ドミニク・ウォルシュさんの3人で共同振付した「時の彼方に ア・ビアント」、新国立劇場バレエ団芸術監督在任中の作品で、同団初となる海外公演のワシントンD.C.公演で上演し高く評価された「ライモンダ」等、珠玉の5作品が抜粋上演され、牧阿佐美さんの振付家としての足跡を振り返ることができます。

プログラム・キャスト

第1部 「誕生日の贈り物」
「誕生日の贈り物」
【音楽】アレクサンドル・グラズノフ
【振付】サー・フレデリック・アシュトン
【衣裳デザイン】アンドレ・ルヴァスール
【振付指導】クリストファー・カー
【出演】未定
第2部 牧阿佐美の世界
「シンフォニエッタ」
【音楽】シャルル・グノー
【振付】牧阿佐美
【出演】未定
「カルメン」
【音楽】ジョルジュ・ビゼー/ロディオン・シチェドリン『カルメン組曲』
【振付】牧阿佐美
【出演】未定
「ライモンダ」より夢の場のパ・ド・ドゥ
【音楽】アレクサンドル・グラズノフ
【振付】牧阿佐美
【出演】未定
「トリプティーク(青春三章)」
【音楽】芥川也寸志 1953年作曲『弦楽のための3楽章(トリプティーク)』
【振付】牧阿佐美
【出演】未定
「時の彼方に ア・ビアント」よりパ・ド・ドゥ
【音楽】三枝成彰
【振付】牧阿佐美、ドミニク・ウォルシュ、三谷恭三
【出演】未定
演奏
指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI
公演情報
■日程: 
・2022年11月12日(土)17:30開演
・2022年11月13日(日)15:30開演
(開場は開演の45分前)
■会場:新国立劇場 中劇場(京王新線〈都営新宿線乗入〉「初台駅」中央口直結。アクセス詳細はこちら
■チケット:
・S席:11,000円
・A席:8,000円
・B席:5,000円
(注)5歳未満のお子様は入場できません。
■チケット発売:
・公式ファンクラブ「牧バレエフレンズ」先行発売:8月24日(水)10:00
・メルマガ会員先行発売:8月31日(水)10:00
・一般発売:9月7日(水)10:00
■公式サイト:https://www.ambt.jp/pf-danse-vingt-deux/