【公演情報】新国立劇場バレエ団『こどものためのバレエ劇場 シンデレラ』(2018)

新国立劇場バレエ団は、2018年7月21日(土)~24日(火)に夏休み恒例企画である「こどものためのバレエ劇場」を開催し、お子様のバレエ鑑賞デビューを応援します。

『こどものためのバレエ劇場 シンデレラ』公演概要

◆ 2018年7月21日(土)~7月24日(火)(全8公演)

予定上演時間:約1時間25分(休憩含む)

◆ 新国立劇場 オペラパレス

京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結

◆ チケット

こども(4歳から小学6年生):2,160円

おとな(中学生以上):3,240円

◆ キャスト

7月21日(土)11:30(シンデレラ:米沢唯、王子:井澤駿)

7月21日(土)15:00(シンデレラ:細田千晶、王子:奥村康祐)

7月22日(日)11:30(シンデレラ:木村優里、王子:渡邊峻郁)

7月22日(日)15:00(シンデレラ:池田理沙子、王子:木下嘉人)

7月23日(月)11:30(シンデレラ:細田千晶、王子:奥村康祐)

7月23日(月)15:00(シンデレラ:米沢唯、王子:井澤駿)

7月24日(火)11:30(シンデレラ:池田理沙子、王子:木下嘉人)

7月24日(火)15:00(シンデレラ:木村優里、王子:渡邊峻郁)

(注)7/21(土)15:00・7/23(月)11:30に王子役で出演を予定していた中家正博さんは怪我のため降板し、奥村康祐さんが出演されます。

出演者など、公演内容が変更されることもあります。

最新情報、詳細は新国立劇場バレエ団公式サイトをご確認ください。

こどものためのバレエ劇場 シンデレラ
新国立劇場のバレエ公演「こどものためのバレエ劇場 シンデレラ」のご紹介。バレエを観るなら日本で唯一の国立の劇場に所属する新国立劇場バレエ団で。

『こどものためのバレエ劇場 シンデレラ』の特徴

『こどものためのバレエ劇場 シンデレラ』は、新国立劇場バレエ団のレギュラーシーズンで上演されるアシュトン版と区別するために関係者からは『こどもシンデレラ』と呼ばれています。

(シンデレラのこども時代を扱った演目ではありません。念のため)

『こどもシンデレラ』と言うとツウっぽく聞こえますよ!(参考情報)( ´ ▽ ` )

『こどもシンデレラ』の特徴をご紹介します。

特徴①こどもが鑑賞しやすいようにコンパクトにアレンジ

上演時間が休憩時間を含めて「約1時間25分」とアシュトン版の「約2時間35分」に比べてコンパクトなっています。

バレエ鑑賞が初めてという方にも途中で飽きることなく楽しむことができます。

しかし、時間が短いからといって踊りのクオリティが下がることはありません。

下の紹介動画では、過去の映像をご覧いただけますが、クオリティの高さが十分理解できると思います。

このときはシンデレラを小野絢子さんが、王子を福岡雄大さんが踊られていますが、残念ながら、今年の『シンデレラ』には出演されません。

3分でわかる!こどものためのバレエ劇場「シンデレラ」|新国立劇場バレエ団

(YouTube / 新国立劇場公式チャンネル)

特徴②義理の姉を女性ダンサーがポアントで演じる

アシュトン版『シンデレラ』をご覧になったことのある方はご存じかと思いますが、シンデレラの義理の姉たちは男性が演じます。

『こどもシンデレラ』の場合、女性ダンサーポアントで演じるのが特徴です。

もちろん、コミカルな演技で楽しませてくれるのはもちろん、ポアントによる踊りでも魅せてくれます!

特徴③リーズナブルなチケット料金設定

通常公演のアシュトン版『シンデレラ』であれば、チケット料金は、12,960円(S席)~3,240円(D席)です。

お子様につきましても1人1枚チケットが必要です。

『こどもシンデレラ』の場合、全席指定の共通料金で、こども(4歳から小学6年生)が2,160円、おとな(中学生以上)が3,240円となっています。

通常版に比べてリーズナブル、しかも、お子様を優遇したチケット料金設定でバレエ鑑賞デビューを後押ししてくれます。

S席もD席も料金は同じですので、良い席は早い者順ですね。

上演内容がコンパクトにアレンジされていること、生演奏ではなく録音音源を使用することが残念ですが、それにしてもこの料金はとても魅力的です。

お楽しみ

株式会社東ハト様が協力会社になっています。

これは、一新国ファンの勘(かん)ですが、お子様向けにお菓子のプレゼントをご用意される気がします。( ´ ▽ ` )

あくまでも個人の勘ですから、外れてもクレームはご容赦くださいませ。<m(__)m>

よくある疑問

もっともよくある疑問は、

「新国立劇場バレエ団の『こどものためのバレエ劇場』は、おとなも観ることができるのか?」

というものです!

わざわざ「こどものための」と言っているくらいだから大人はダメなんじゃない?と思って諦めた方を実際に何人も知っています。( ´ ▽ ` )

私も一応「おとな」で、何度も観ていますが、問題ありませんよ。

よくよく見れば、大人料金も掲載されていますので、大人でも鑑賞できることが分かります。

次にある疑問が、

「大人が鑑賞するには、こどもと一緒じゃないとダメなんじゃないの?」

というものです。

そう思うのも当然です。

私もそう思っていましたが、大人だけでも鑑賞できます

新国立劇場公式サイトでは、「こどものためのバレエ劇場」を実施する目的として「次世代を担うこどもたちが優れたバレエ芸術に親子で触れられる機会を提供する」と明記しています。

「親子」での鑑賞機会を想定しているのですね。

また、「有名な童話を題材にこどもたちにもわかりやすい構成にしていますが、本格的なクラシック・バレエとして振り付けられ、上演時間は短くしているものの見どころを凝縮した、お子様だけでなく大人の方にも十分見ごたえのある作品として仕上げられています」という説明もあり、大人にも魅力をアピールしています。

「バレエ芸術に親子で触れられる機会」を第一義的に考えるべきではありますが、大人だけでも鑑賞できますし、目の肥えたバレエファンの鑑賞にも耐えうるどころかとても楽しめた、というのが過去に鑑賞したことのある者の感想です!( ´ ▽ ` )

大人で鑑賞するかどうか迷われているようでしたら、是非、鑑賞されることをお薦めいたします。

全国公演(新潟県)

「新国立劇場バレエ団の舞台を鑑賞したいけど新国立劇場は遠くて行けない」という方への朗報です!

全国公演として、今年は新潟で9月に開催します!

◆ 2018年9月23日(日)14:00

◆ 新潟県民会館 大ホール

◆ キャスト

シンデレラ:細田千晶、王子:奥村康祐

◆ チケット(新国立劇場での上演とは異なる料金設定です)

S席 : 4,000円
A席 : 3,000円
バレエ初めて席 : 1,000円

◆ 公式サイト https://www.niigata-kenminkaikan.jp/event/3000/

新国立劇場バレエ団『こどものためのバレエ劇場 シンデレラ』で夏休みの素敵な思い出作りをしてみませんか。