【シネマ】新国立劇場 舞台公演映像凱旋上映会で『白鳥の湖』を上映(2018年12月5日)

新国立劇場は、2018年12月5日(水)に新国立劇場・中劇場において舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」を開催し、バレエ『白鳥の湖』およびオペラ『蝶々夫人』を上映します。

新国立劇場 舞台公演映像凱旋上映会 概要

2018年の夏、日本とスペイン外交関係樹立150周年を記念して、新国立劇場はマドリードのテアトロ・レアル(王立劇場)と連携し、互いの舞台公演映像を提供し合い、上映会を開催しました。

新国立劇場においては、7月2日(月)~4日(水)に小劇場において開催され、上映されたのはテアトロ・レアル(王立劇場)の次の舞台映像3作品でした。

■ オペラ『蝶々夫人』
■ オペラ『カルメン』
■ オペラ『椿姫』

逆に、テアトロ・レアル(王立劇場)で上映された新国立劇場の舞台映像は、次の3作品でした。

■ バレエ『くるみ割り人形』(2017年収録)
■ バレエ『白鳥の湖』(2014年収録)
■ オペラ『蝶々夫人』(2017年収録)

この3作品のうちバレエ『白鳥の湖』(2014年収録)とオペラ『蝶々夫人』(2017年収録)を舞台公演映像凱旋上映会で上映します。

舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」 概要

【日時】 2018年12月5日(水)

14:00~ バレエ『白鳥の湖』(2014年2月16日収録)
18:30~ オペラ『蝶々夫人』(2017年2月5日収録)
開場は上映開始時刻の30分前

【会場】 新国立劇場 中劇場

【入場料】 無料

【申込方法】 新国立劇場公式サイトから「お申込みフォーム」を利用。

公式サイトの案内はこの記事の最後に記載しています。

【受付開始】 2018年10月24日(水)10:00~(定員に達し次第締め切り)

バレエ『白鳥の湖』(2014年2月16日収録)概要

新国立劇場バレエ団の『白鳥の湖』は、NHK BS プレミアム『プレミアムシアター』で放送されたこともありますが、放送された舞台は2015年6月に収録された映像です。

今回の舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」で上映されるのは、その前年の映像ですね。

バレエ『白鳥の湖』(全4幕)

【スタッフ】

芸術監督:デヴィッド・ビントレー
振付:マリウス・プティパ/レフ・イワーノフ
音楽:ピョートル・チャイコフスキー
演出・改訂振付:牧阿佐美
装置・衣裳:ピーター・カザレット
照明:沢田祐二
指揮:アレクセイ・バクラン
管弦楽:東京交響楽団

【出演】

オデット/オディール:米沢 唯
ジークフリート王子:菅野英男
ロートバルト:貝川鐵夫
王妃:西川貴子
道化:福田圭吾
王子の友人(パ・ド・トロワ):長田佳世、細田千晶、江本 拓
小さい4羽の白鳥(第2幕):さいとう美帆、五月女 遥、大和雅美、石山沙央理
大きな4羽の白鳥(第2幕):本島美和、丸尾孝子、細田千晶、川口 藍
スペインの踊り:本島美和、湯川麻美子、マイレン・トレウバエフ、江本 拓
ナポリの踊り:奥田花純、広瀬 碧、八幡顕光
ルースカヤ:細田千晶
ハンガリーの踊り:大和雅美、古川和則
2羽の白鳥(第4幕):本島美和、細田千晶
大きい4羽の白鳥(第4幕):丸尾孝子、川口 藍、中田実里、若生 愛

【収録】 2014年2月16日/オペラパレス

オペラ『蝶々夫人』(2017年2月5日収録)概要

オペラ『蝶々夫人』/ジャコモ・プッチーニ
Madama Butterfly / Giacomo PUCCINI
全2幕〈イタリア語上演〉

【スタッフ】

芸術監督:飯守泰次郎
指揮:フィリップ・オーギャン
演出:栗山民也
美術:島 次郎
衣裳:前田文子
照明:勝柴次朗
再演演出:澤田康子
舞台監督:大澤 裕
合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団:
管弦楽:東京交響楽団

【出演】

蝶々夫人:安藤赴美子
ピンカートン:リッカルド・マッシ
シャープレス:甲斐栄次郎
スズキ:山下牧子
ゴロー:松浦 健
ボンゾ:島村武男
神官:大森いちえい
ヤマドリ:吉川健一
ケート:佐藤路子

【収録】 2017年2月5日/オペラパレス

下の映像は2011年に上演されたときのものです。

新国立劇場「蝶々夫人」ダイジェスト映像 Madama Butterfly-NNTT

(YouTube / 新国立劇場 New National Theatre Tokyo 公式チャンネル)

新国立劇場の舞台映像を映画館で上映することについて

ここ数年、英国ロイヤル・オペラ・ハウスをはじめ、公演のライブ映像や収録映像を映画館で上映する機会が増えていますが、新国立劇場ではまだ実施していません。

かつて、来場者アンケートで、新国立劇場の舞台映像を映画館で上映することに関する質問が設定されたこともあったと記憶しておりますが、そのときは新国立劇場でも映画館での上映について検討しているのかもしれないと感じていました。

全国に出向く出張公演を実施してはいますが、公演数には限界があり、東京および近郊以外の方が新国立劇場の舞台を鑑賞する機会は多いとは言えません。

今後、LIVE上映が実現すれば、全国で同時に舞台鑑賞の機会を共有することが可能となります。

LIVE上映が難しい場合にも、収録した映像を全国の映画館で上映することは、全国の舞台ファンにとっては有益なことだと思います。

また、新国立劇場が誇る舞台芸術作品を日本全国で鑑賞できる機会を提供することは、国立の劇場である「新国立劇場」の使命であるとも言えるのではないでしょうか。

筆者は、今回の舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」が今後の展開を占う試金石になるのではないかと考えており、密かにその実現を願っています!

公式サイト(詳細・申し込み)

舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」の詳細および申し込みについては公式サイトをご確認ください。

>>> 舞台公演映像凱旋上映会「新国立劇場 ステージ・オン・スクリーン」開催のお知らせ