【TV放送】レナード・バーンスタイン関連番組(プレミアムシアター/2018年12月17日)

12月17日(月)【12月16日(日)深夜】放送の「NHK BS プレミアムシアター」では、レナード・バーンスタインに関連した内容を放送します。

2018年はバーンスタイン生誕100年に当たり、英国ロイヤル・バレエでも『バーンスタイン・センテナリー』が上演されました。

2018年9月21日(金)放送のNHK Eテレ「ららら♪クラシック」でもバーンスタインの魅力を紹介しました。

今回のプレミアムシアターはバレエ公演の放送ではありませんが、バーンスタインに関心を持たれた方にとって彼について理解を深める機会になりそうです。

NHK BS プレミアムシアター(12月17日(月)【12月16日(日)深夜】)放送概要

NHK BS プレミアムシアター(12月17日(月)【12月16日(日)深夜】)放送概要

■日程 2019年12月17日(月)【12月16日(日)深夜】午前0時00分~

■チャンネル NHK BS プレミアム

■番組内容
◇本日の番組紹介
◇ドキュメンタリー『レナード・バーンスタイン 天才の光と影』(2018年 ドイツ)
◇タングルウッド音楽祭2018 レナード・バーンスタイン 生誕100年記念演奏会
◇フランツ・ウェルザー・メスト指揮 クリーブランド管弦楽団 創立100年記念演奏会

12月17日(16日深夜)のプレミアムシアターでは、バーンスタイン関連のプログラムとして、ドキュメンタリー『レナード・バーンスタイン 天才の光と影』と「タングルウッド音楽祭2018 レナード・バーンスタイン 生誕100年記念演奏会」を放送します。

ドキュメンタリー「レナード・バーンスタイン 天才の光と影」

■出演
レナード・バーンスタイン
アレクサンダー・バーンスタイン(息子)
ジェイミー・バーンスタイン(娘)
ニーナ・バーンスタイン(娘)

タングルウッド音楽祭2018 レナード・バーンスタイン 生誕100年記念演奏会

■曲目
「キャンディード」序曲
セレナードから 第1楽章
交響曲 第3番「カディッシュ」から カディッシュ2
「ミサ曲」から 3つのめい想曲
「ウエスト・サイド・ストーリー」から/以上 バーンスタイン 作曲
「こどもの不思議な角笛」から 「番兵の夜の歌」/マーラー 作曲
バレエ音楽「アパラチアの春」終曲/コープランド 作曲
ハイウッドの幽霊(世界初演) /ジョン・ウィリアムズ 作曲
交響曲 第2番 ハ短調「復活」 第5楽章から/マーラー 作曲

■出演
オードラ・マクドナルド
五嶋みどり
ヨーヨー・マ
キアン・ソルターニ
ジェシカ・ジョウ
ネイディーン・シエラ
スーザン・グラハム
トマス・ハンプソン
イザベル・レナード
ジェシカ・ヴォスク
トニー・ヤスベック
クライド・アルヴェス
DJ・ペトロジーノ

■演奏
ボストン交響楽団
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
タングルウッド音楽センター・オーケストラ
パシフィック・ミュージック・フェスティバル
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭のメンバー

■合唱指揮 ジェームズ・バートン

■合唱 タングルウッド音楽祭合唱団

■指揮
アンドリス・ネルソンス
クリストフ・エッシェンバッハ
キース・ロックハート
マイケル・ティルソン・トマス
ジョン・ウィリアムズ

収録:2018年8月25日 クーセヴィツキー・ミュージック・シェッド(マサチューセッツ)

英国ロイヤル・バレエ『バーンスタイン・センテナリー』

冒頭にも触れたように、英国ロイヤル・バレエでは、バーンスタイン生誕100周年を記念して、『バーンスタイン・センテナリー』を上演しています。

この舞台は、日本でも「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」が上映されましたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

また、この舞台は『バーンスタイン・セレブレーション』という名称で、早くもDVD・Blu-rayが発売されています。

DVD・Blu-rayで名称を変更しているのは、「センテナリー」という言葉が日本ではなじみがないからでしょうか。

余談ですが、「centenary(百年の)」と言われても「???」といった感じですが、「100を表す」語源が同じでよく知っている英語はたくさんあります。

cent(お金の単位、セント、100分の1ドル)
centimeter(センチメートル〈百分の1メートル〉)
century(世紀、100年で1世紀)
per cent(パーセント)

英語の勉強にもなりますね!

DVD・Blu-ray『バーンスタイン・セレブレーション』概要

『バーンスタイン・セレブレーション』には、ウェイン・マグレガー、クリストファー・ウィールドン、リアム・スカーレットといった現在の英国ロイヤル・バレエを代表するコリオグラファー3名が振り付けた作品が収録されています。

リアム・スカーレットは、英国ロイヤル・バレエの『白鳥の湖』を新制作しましたし、クリストファー・ウィールドンは11月上旬に新国立劇場バレエ団で『不思議の国のアリス』が上演されたばかりですので、興味がある方も多いのでは。

■『幽玄』(YUGEN)~「チチェスター詩篇」より
■振付 ウェイン・マグレガー
■出演
フェデリコ・ボネッリ/ウィリアム・ブレイスウェル/ハリー・チャーチーズ/メリッサ・ハミルトン/フランチェスカ・ヘイワード/桂千里/ポール・ケイ/サラ・ラム/カルヴァン・リチャードソン/ジョセフ・シセンズ/高田茜

■「不安の時代」(The Age of Anxiety)~交響曲第2番「不安の時代」より
■振付 リアム・スカーレット
■出演
サラ・ラム/アレクサンダー・キャンベル/ベネット・ガートサイド/トリスタン・ダイアー

■「コリュバンテスの遊戯」(Corybantic Games)~「セレナード(プラトンの「饗宴」による)」より
■振付 クリストファー・ウィールドン
■出演
マシュー・ボール/ウィリアム・ブレイスウェル/ローレン・カスバートソン/ティエニー・ヒープ/平野亮一/マヤラ・マグリ/マルチェリーノ・サンベ/ヤスミン・ナグディ/ベアトリス・スティックス=ブルネル

【収録】2018年3月27日/英国ロイヤル・オペラ・ハウス

Bernstein Celebration (The Royal Ballet)

(YouTube / Opus Arte 公式チャンネル)

【関連記事】

【TV放送】バーンスタインの魅力を大解剖(ららら♪クラシック 2018年9月21日)
2018年9月21日(金)放送のNHK Eテレ「ららら♪クラシック」では、音楽家レナード・バーンスタインの魅力に迫るプログラムを放送...
【公演情報】ロイヤル・バレエ アンコール上映決定(英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017/18)
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017/18は、現在絶賛上映中のリアム・スカーレット版『白鳥の湖』でシーズンを終えますが、今シ...