【公演】東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』2019年7月13日(土)・14日(日)

東京シティ・バレエ団は、中島伸欣版 『ロミオとジュリエット』を2019年7月13日(土)・7月14日(日)に東京・江東区の「ティアラこうとう」にて上演します。

主演は、2012 年以来のロミオ役となるキム・セジョンさんと 初のジュリエットに挑む清水愛恵さんペアと庄田絢香さんと吉留 諒さんの新たなペアによるダブルキャストです。

7月3日(水)17:30からは、「ティアラこうとう」にてリハーサル見学会が開催されることも決まりました。

今回は、東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』についてお知らせします。

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』 公演概要

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』 公演概要

『ロミオとジュリエット』~命を賭して求め合う、若い二人の悲しくも美しい恋~

■日程:2019年7月13日(土)17:00開演/7月14日(日)14:00開演
■会場:ティアラこうとう 大ホール
■アクセス:東京メトロ半蔵門線、都営新宿線「住吉駅」A4出口より徒歩約4分
■チケット:SS席:7,000円/S席:6,000円/A席:5,000円/B席:3,000円/当日学生席:2,500円(当日残席がある場合のみ高校生以上25歳以下の学生を対象として販売)
(5歳以上入場可)

■スタッフ:
原作:ウィリアム・シェイクスピア
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
構成・演出・振付:中島伸欣
振付:石井清子
指揮:井田勝大
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
編曲:福田一雄
美術:江頭良年

■キャスト(予定):
【7月13日】
ジュリエット:清水愛恵
ロミオ:キム・セジョン
キャピュレット:春野雅彦
キャピュレット夫人:岡 博美
ティボルト:李悦
パリス:石黒善大
マキューシオ:沖田貴士
ベンヴォーリオ:中弥智博
乳母:加藤浩子
ロレンス修道士:堤淳
モンタギュー:吉岡真輝人
モンタギュー夫人:若林美和
ヴェローナ 大公:濱本泰然
ジュリエットの友人:松本佳織、飯塚絵莉、斎藤ジュン、馬場彩、石井日奈子、宮井茉名

【7月14日】
ジュリエット:庄田絢香
ロミオ:吉留 諒
キャピュレット:春野雅彦
キャピュレット夫人:平田沙織
ティボルト:濱本泰然
パリス:石黒善大
マキューシオ:内村和真
ベンヴォーリオ:福田建太
乳母:草間華奈
ロレンス修道士:堤淳
モンタギュー:吉岡真輝人
モンタギュー夫人:若林美和
ヴェローナ大公:李悦
ジュリエットの友人:松本佳織、飯塚絵莉、斎藤ジュン、馬場彩、石井日奈子、宮井茉名

下の映像は2014年7月公演の予告編であり、今回公演の予告編ではありませんので、ご注意ください。

東京シティ・バレエ団2014年7月「ロミオとジュリエット」

(YouTube / 東京シティ・バレエ団 公式チャンネル)

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』リハーサル見学会

東京シティ・バレエ団『ロミオとジュリエット』の上演に先立ち、リハーサル見学会が開催されることが決まりました!

■日時:2019年7月3日(水)17:30~
■場所:ティアラこうとう 大ホール
■申し込み・問い合わせ:
5月10日(金)よりティアラこうとうチケットサービスにて
(03-5624-3333)