英国ロイヤル・バレエ『ロメオとジュリエット』高田茜&平野亮一主演(プレミアムシアター2019年7月22日)

高田 茜さんと平野亮一さんが主演した英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』(ロミオとジュリエット)が、2019年7月22日(月)にNHK BS プレミアムシアターで放映されます。

ロメオ役にキャスティングされていたスティーブン・マックレーが怪我により降板したために実現した日本人プリンシパルのペアによる上演です。

イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲をもとにセルゲイ・プロコフィエフの音楽にケネス・マクミランが振り付けたドラマティック・バレエの大傑作です。

今回は、高田 茜さんと平野亮一さんが主演した英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』の放送に関連して役立つ情報をお知らせします!

英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』高田茜&平野亮一主演/プレミアムシアター

プレミアムシアター 2019年7月22日(月)放送概要

■放送日時:2019年7月22日(月)【7月21日(日)深夜】午前0時00分~
■放送チャンネル:NHK BS プレミアム
■放送内容:
◇本日の番組紹介(0:00:00~0:03:00)
高田茜&平野亮一 インタビュー(0:03:00~0:17:00)

◇高田茜&平野亮一 主演 英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』(0:17:00~2:35:00)
◇英国ロイヤル・バレエ団『うたかたの恋』(2:37:30~4:55:00)

(注)英国ロイヤル・バレエ団『うたかたの恋』については別記事で紹介しています。

英国ロイヤル・バレエ『うたかたの恋』(プレミアムシアター2019年7月22日)
英国ロイヤル・バレエ団『うたかたの恋(Mayerling)』が2019年7月22日(月)にプレミアムシアターにてテレビ放送されます。 ...

英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』放送概要

■演目:『ロメオとジュリエット』(全3幕)
■原作:ウィリアム・シェークスピア
■振付:ケネス・マクミラン
■音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
■舞台美術:
ニコラス・ジョージアディス
■照明:ジョン・B・リード
■出演:
ジュリエット:高田 茜
ロメオ:平野亮一
マキューシオ(ロメオの友人):ジェームズ・ヘイ(James Hay)
ティボルト:ベネット・ガートサイド(Bennet Gartside)
ベンヴォーリオ(ロメオの友人):トリスタン・ダイヤー(Tristan Dyer)
パリス:トーマス・モック(Tomas Mock)
キャピュレット公:トーマス・ホワイトヘッド(Thomas Whitehead)
キャピュレット夫人:クリステン・マクナリー(Kristen McNally)
ヴェローナの大公:アラスター・マリオット(Alastair Marriott)
ロザライン:ララ・ターク(Lara Turk)

ジュリエットの乳母:ロマニー・パジャック(Romany Pajdak)
僧ロレンス/モンタギュー公:フィリップ・モーズリー(Philip Mosley)
モンタギュー夫人:タラ・ブリギッテ・バフナニ(Tara-Brigitte Bhavnani)
ジュリエットの友人:
アシュリー・ディーン(Ashley Dean)
レティシア・ディアス(Leticia Dias)
イザベラ・ガスパリーニ(Isabella Gasparini)
ミーガン・グレイス・ヒンキス(Meaghan Grace Hinkis)
アンナ・ローズ・オサリバン(Anna Rose O’Sullivan)
佐々木万璃子
桂 千里(4/13)
前田紗江(4/13)
3人の娼婦:
イツァール・メンディザバル(Itziar Mendizabal)
クレア・カルヴァート(Claire Calvert)
マヤラ・マグリ(Mayara Magri)
マンドリン・ダンス:
ヴァレンティーノ・ズチェッティ(Valentino Zucchetti)
デーヴィッド・ドネリー(David Donnelly)
テオ・ドゥブロイル(Téo Dubreuil)
ジョセフ・シセンズ(Joseph Sissens)
カルヴィン・リチャードソン(Calvin Richardson)
ダヴィド・ユデス(David Yudes)

英国ロイヤル・バレエ団
英国ロイヤル・バレエ学校
■管弦楽:英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
■指揮:コーエン・ケッセルス(Koen Kessels)ポール・マーフィ(Paul Murphy)(4/13)
■収録:2019年4月13・27日 ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』について

英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』について

マクミラン版『ロメオとジュリエット』は、1965年に英国ロイヤル・バレエ団の上演でコヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスにて初演されました。
なんと、カーテンコールが43回、
熱狂的な拍手は40分間も続くほどの大成功を収めたといいます。
この作品は
リン・シーモア(Lynn Seymour)とクリストファー・ゲイブル(Christopher Gable)のために振り付けられましたが、初演はマーゴ・フォンテイン(Margot Fonteyn)とルドルフ・ヌレエフ(Rudolf Nureyev)による伝説のペアよって演じられました。
以来、英国ロイヤル・バレエ団では400回以上も上演され、20世紀の古典作品となっています。

今回放送されるNHK BS プレミアムシアター 英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』は、高田 茜さんと平野亮一さんの日本人プリンシパルペアが主演した舞台です。
当初、高田さんとペアを組むことになっていたスティーブン・マックレーさんが膝を怪我したために、平野さんが代役を務めることになりました。

残念なことに、その後、高田さんも怪我をしてしまい、6月下旬に行われた日本公演は降板することとなりました。
日本公演で高田さんの踊りを楽しみにしていたファンも多いかと思いますが、今回のテレビ放送は高田さんの踊りを堪能することができる、とても有り難い機会となりそうです。
高田さんと平野さんの準備期間は短かったにもかかわらず、二人の演じる『ロメオとジュリエット』はとても好評だったようです。
放送がとても楽しみですね!

あらすじ

【第1幕】
舞台は16世紀のイタリアの都市ヴェローナ
名家であるキャピュレット家とモンタギュー家は抗争を繰り返していた。

広場では、モンタギュー家のロメオと友人のマキューシオ、ベンヴォーリオが、キャピュレット卿の甥であるティボルト達と争いを始める。
そこへヴェローナ大公が登場し両家に争いをやめるように命じる。

キャピュレット卿夫妻は娘のジュリエットに結婚相手として貴族のパリスを紹介するが、まだあどけない少女のジュリエットは結婚の実感が湧かない。

ロメオはマキューシオ、ベンヴォーリオとともに、キャピュレット家の舞踏会に変装して忍び込んだ。
その場で出会ったロメオとジュリエットは互いに惹かれる。
舞踏会も終わり、ジュリエットがバルコニーに佇んでいる。
するとロメオが現れ、二人は互いに愛を打ち明ける。

【第2幕】
ジュリエットの乳母がロメオに手紙を持ってきた。
手紙には、ジュリエットはロメオの妻になることを受け入れると書いてあった。

愛する二人は、ロレンスのもとで密かに結婚する。

広場では、ティボルトとマキューシオが争いをはじめ、マキューシオは不意をつかれて殺される。
親友を殺されたロメオは激高してマキューシオの仇を討つが、ヴェローナから追放される。

【第3幕】
ロメオはジュリエットと密かに一夜を過ごし、翌朝、別れを惜しみながらもジュリエットの部屋から去る。
すると、両親がパリスを伴って現れ、パリスと結婚するように言いつける。
ジュリエットはパリスとの結婚を拒むが、両親からは嫌なら勘当すると脅され、ロレンスのもとに駆け込み助けを求める。

一計を案じたロレンスは一時的に死んだように眠りに就く薬の入った小瓶をジュリエットに渡す。
その計画は、薬を飲み死んだと思われたジュリエットはキャピュレット家の墓地に運ばれ、そこで手紙で計画を知らされたロメオは密かに墓地でジュリエットの目覚めを待ち、二人でヴェローナから去るというものだった。

ジュリエットは計画を実行し、薬を飲んで深い眠りに就く。
翌朝、
生気のないジュリエットに気づいた両親は、彼女が死んだものだと思った。

一方、秘密の計画を知らせるロレンスからの手紙を受け取り損なったロメオは、ジュリエットの訃報に触れて呆然とする。
ロメオはキャピュレット家の墓地に忍び込み、絶望のうちに毒薬を飲む。

墓地に運ばれ横たわるジュリエットは目を覚ます。
ロメオを見つけて喜んだのもつかの間、毒薬を飲んで死んでいることに気づく。
ジュリエットはロメオの死に打ちひしがれ、短剣で自らを刺しロメオの後を追った。

関連映像(YouTube / Royal Opera House  公式チャンネル)

英国ロイヤル・バレエ団が公開している『ロメオとジュリエット』の関連動画をご紹介したいと思います。
なお、公開されている映像で高田 茜さんと平野亮一さんが主演している舞台はありませんのでご了承ください。

最初の映像は、ヤスミン・ナグディとマシュー・ボールが演じるバルコニーのパ・ド・ドゥです。

Romeo and Juliet – Balcony Pas de deux (The Royal Ballet)

同じくヤスミン・ナグディとマシュー・ボールが演じている寝室のパ・ド・ドゥです。

Romeo and Juliet – Bedroom Pas de deux (The Royal Ballet)

下の映像で使用されている音楽は、某ケータイ電話のCMで使用されてこともあるので、『ロメオとジュリエット』を見たことがない方でも「聞いたことのある音楽だ!」と思うはずです。(´▽`)
重厚でどこか不気味さを感じさせるこの曲は、これから始まる悲劇を象徴しているかのようです。

Romeo and Juliet – Dance of the Knights (The Royal Ballet)

クレジット・基本情報

■演目:『ロメオとジュリエット(Romeo and Juliet)』(全3幕)
■原作:ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)
■振付:ケネス・マクミラン(Kenneth MacMillan)
■音楽:セルゲイ・プロコフィエフ(Sergey Prokofiev)
■デザイン:ニコラス・ジョージアディス(Nicholas Georgiadis)
■照明デザイン:ジョン・B・リード
John B. Read
■初演:1965年ロイヤル・オペラ・ハウス
(英国・ロンドン
■上演時間:
第1幕:約60分
第2幕:約35分
第3幕:約40分

『ロメオとジュリエット』上演情報

今回の英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』(プレミアムシアター)をご覧になり、『ロメオとジュリエット』を鑑賞したくなった方も多いかと思います。
ここでは、『ロメオとジュリエット』の上演情報をお知らせします。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19での上映

残念ながら、英国ロイヤル・バレエ団は今年の6月に来日したばかりで、次の来日は2~3年後になると思います。
しかし、映画館でバレエ公演の映像を上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19」では、8月23(金)から『ロメオとジュリエット』を上映します。
ヤスミン・ナグディとマシュー・ボールの主演による舞台です。
生の舞台ではありませんが、迫力の大画面と大好評の元プリンシパル ダーシー・バッセルによるレポートや関係者の解説が用意され、作品に対する理解がより深まります。

■公式サイト:ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19『ロメオとジュリエット』

英国ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』2019年8月23日から上映(英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19)
英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』(ロメオとジュリエット)(英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19)が、2...

マクミラン版『ロメオとジュリエット』(新国立劇場バレエ団 2019/2020シーズン)

日本のバレエ団では、新国立劇場バレエ団がマクミラン版『ロメオとジュリエット』をレパートリーに持っています。
幸いなことに、2019/2020シーズンの開幕作品としてマクミラン版『ロメオとジュリエット』を10月に上演予定です。
マクミラン版『ロメオとジュリエット』を異なるバレエ団で見比べてみるのも興味深いですね。
小野絢子&福岡雄大、米沢 唯&渡邊峻郁、木村優里&井澤 駿の3キャストによる公演です。
2019/2020シーズンからファースト・ソリストに昇格し、人気・実力ともに急上昇の木村優里さんが
初めてジュリエットに挑む舞台は必見です!

■日程:2019年10月19日(土)~10月27日(日)
■公式サイト:新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』特設サイト

新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』(2019/2020シーズン)10月に上演
新国立劇場バレエ団は、2019/2020シーズンの開幕公演となるマクミラン版『ロメオとジュリエット』を2019年10月19日(土)~27日(...