日本バレエ協会『海賊』2020都民芸術フェスティバル参加公演/2月8日(土)・9日(日)/東京文化会館

日本バレエ協会は、「2020都民芸術フェスティバル」参加作品のヴィクトール・ヤレメンコ再振付・演出『海賊』(全幕)を2020年2月8日(土)・9日(日)に東京文化会館 大ホールで上演します。
酒井はな/橋本直樹ペア、加治屋百合子/奥村康祐ペア、上野水香/中家正博ペアの3組が主演し、さまざまなバレエ団で活躍しているダンサーをはじめ、オーディションで選考されたダンサーが出演する話題の公演です。
チケットは2019年11月20日(水)発売開始です。
良席をご希望の方はお早めに!

2020都民芸術フェスティバル参加公演
公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕)

公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕) 公演概要

■日程:
・2020年2月8日(土)18:00
開演(17:15開場
・2020年2月9日(日)マチネ13:00開演(12:15開場)
・2020年2月9日(日)
ソワレ18:00開演(17:15開場)
■会場:東京文化会館 大ホール
■アクセス:
・JR各線「上野駅」公園口改札から徒歩約1分

・東京メトロ 銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口から徒歩約5分
・京成「上野駅」正面口 改札から徒歩約7分
→ 東京文化会館アクセス詳細

■主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団
■協賛:チャコット株式会社

■指揮:オレクセイ・バクラン(アレクセイ・バクラン)
■演奏:ジャパン・バレエ・オーケストラ
■原振付:マリウス・プティパ改変版による
■再振付/演出:ヴィクトール・ヤレメンコ
■振付補佐:タチヤナ・レべツカヤ
■音楽:アドルフ・アダン
■バレエ・ミストレス:テーラー麻衣、角田明日香、奥田慎也
■総監督:岡本佳津子

■公式サイト:2020都民芸術フェスティバル参加公演「海賊」全幕

チケット

■発売開始:2020年11月20日(水)
■チケット:
S席:10,000円/A席:8,000円/B席:5,000円/C席:4,000円/D席3,000円(D席のみ自由席)
・当日割引:18歳未満の方、65歳以上の方は年齢の分かる証書を提示すると各席とも2,000円オフで購入できます。(当日券の予約は出来ません)
・身障者割引:当日会場にて障碍者手帳を提示すると2,000円返金されます。
・車椅子/車椅子介助者席:
車椅子席 5,000円(S席相当、一階最後列車椅子スペース)
介助者席 3,000円(車椅子席隣、折りたたみ椅子)
チケットの詳細は公式サイトをご確認ください。

公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕) キャスト

2月8日(土)18:00公演

メドーラ:酒井はな(フリー)
コンラッド:橋本直樹(フリー)
アリ:高橋眞之(NBAバレエ団プリンシパル)
ギュルナーラ:瀬島五月(貞松浜田バレエ団プリンシパル)
ビルバント:川村海生命
ランケデム:ヤロスラフ・サレンコ
セイード・パシャ:イルギス・ガリムーリン
オダリスク:佐々木夢奈、清水あゆみ、古尾谷莉奈

2月9日(日)13:00公演(マチネ)

メドーラ:加治屋百合子(ヒューストン・バレエ団プリンシパル)
コンラッド:奥村康祐(新国立劇場バレエ団プリンシパル)
アリ:荒井英之
ギュルナーラ:寺田亜沙子(新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト)
ビルバント:荒井成也
ランケデム:木下嘉人(新国立劇場バレエ団ソリスト)
セイード・パシャ:高谷太一
オダリスク:岡田 紋、平尾麻実、蛭川騰子

2月9日(日)18:00公演(ソワレ)

メドーラ:上野水香(東京バレエ団プリンシパル)
コンラッド:中家正博(新国立劇場バレエ団ソリスト)
アリ:江本 拓
ギュルナーラ:奥田
花純(新国立劇場バレエ団ソリスト)
ビルバント:吉瀬智弘
ランケデム:高谷 遼(スターダンサーズ・バレエ団)
セイード・パシャ:岡田幸治
オダリスク:岩根日向子、玉井るい(新国立劇場バレエ団ファースト・アーティスト)、吉田まい

2020都民芸術フェスティバル について

今回、ご紹介した公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕)は、「2020都民芸術フェスティバル」参加作品ですが、「公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕)」とは何でしょうか。
公式サイトでは次のように説明しています。

都民芸術フェスティバルは、(中略)都民の皆様に舞台芸術や芸能を身近に感じていただくための文化事業です。(中略)

東京都内に主な活動拠点を置き、舞台芸術の創造活動や伝統芸能の継承・発展に資する活動を行っている芸術文化団体が企画・制作する優れた公演に対し、助成金や負担金を交付することで、公演内容の充実を図るとともに、入場料金を低廉に維持し、あるいは入場無料とすることで、多くの都民の皆様に様々な舞台芸術や芸能をご鑑賞いただき、芸術のより一層の普及と振興を図ることを目的としています。

「2020都民芸術フェスティバル」では、2020年1月11日から3月29日まで、オーケストラ、室内楽、オペラ、現代演劇、バレエ、現代舞踊、邦楽、日本舞踊、能楽、民俗芸能、寄席芸能の全11分野にわたる様々な演目の公演を、都内各所の会場で実施します。

(引用元 https://tomin-fes.com/fes/index.html)

要するに、都民が様々な優れた芸術をリーズナブル(入場無料もあり)に鑑賞することができるとても有り難いフェスティバルです。

「2020都民芸術フェスティバル」に参加するバレエ作品は合計3演目あります。
「公益社団法人日本バレエ協会『海賊』(全幕)」の他には、
「東京シティ・バレエ団『眠れる森の美女』(全幕)」(2月15日〈土〉~16日〈日〉)
「牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』(3月14日〈土〉~15日〈日〉)
があります。

「東京シティ・バレエ団『眠れる森の美女』(全幕)」と「牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』についてはあらためてご紹介する予定です。

バレエファンはもちろん、今までバレエを鑑賞する機会がなかった方も、是非この機会にバレエ公演を鑑賞してみてください!

(「2020都民芸術フェスティバル」については公式サイトをご確認ください)

東京シティ・バレエ団『眠れる森の美女』2020/2/15(土)・16(日) 「ティアラこうとう」(東京・江東区)で上演都民芸術フェスティバル
東京シティ・バレエ団は、2020都民芸術フェスティバル参加公演『眠れる森の美女』(全幕)を2020年2月15日(土)・16日(日)の二日間、...
牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』2020/3/14(土)・15(日) 文京シビックホール(東京・文京区)で上演【2020都民芸術フェスティバル参加公演】
牧阿佐美バレヱ団は、ローラン・プティ振付『ノートルダム・ド・パリ』を2020年3月14日(土)・15日(日)の二日間、東京・文京区の文京シビ...