【TV】ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』(プレミアムシアター2020年7月19日)

2020年7月19日(日)午後11:20(23:20)からのNHK BS プレミアムシアターでは、ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』が放送されます。

異国情緒あふれるオスマン帝国時代の地中海を舞台に、海賊と美女たちが繰り広げる冒険物語です。

NHK BS プレミアムシアター
2020年7月19日(日)放送概要

■日程:2020年7月19日(日)23:20~
■チャンネル:NHK BS プレミアム
■放送内容:
◇本日の番組紹介(23:20:00~23:24:00)
◇英国ロイヤル・バレエ
『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』(23:24:00~0:37:00)
『ザ・チェリスト』(0:37:30~1:45:30)
◇ドキュメンタリー「ジャクリーヌ・デュ・プレとエルガーのチェロ協奏曲」
(1982年 イギリス)※1967年制作のドキュメンタリーの再編集版(1:45:30~2:48:00)
◇ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』【再放送】(2:50:00~4:40:00)

2020年7月19日(日)23:20からのNHK BS プレミアムシアターは、バレエ公演2種とドキュメンタリーを放送します。

今回は、ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』を紹介し、英国ロイヤル・バレエの公演2演目とドキュメンタリーは別の記事で紹介しています。

【TV】英国ロイヤル・バレエ『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』 /『ザ・チェリスト』(プレミアムシアター2020年7月19日)
2020年7月19日(日)23:20からのNHK BS プレミアムシアターでは、英国ロイヤル・バレエのミックス・プログラム、『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』 /『ザ・チェリスト』が放送されます。

ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』

バレエ『海賊』は、イギリスの詩人ジョージ・ゴードン・バイロンによる物語詩 『海賊』 をもとに、1856年、ジョゼフ・マジリエがアドルフ・アダンの音楽に振り付け、パリ・オペラ座で初演されました。

『海賊』は多くのバージョンがありますが、ミラノ・スカラ座バレエがレパートリーとしているのは、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)もレパートリーとしているアンナ・マリー・ホームズ版で、日本では東京バレエ団が2019年に初演しています。

アンナ・マリー・ホームズ版は、マリウス・プティパ/コンスタンチン・セルゲイエフ原振付をもとに、シンプルで分かりやすいストーリーに整理され、豪華な衣装と舞台装置、高い音楽性が魅力的な作品となっています。

トルコの奴隷市場で、海賊の狩猟コンラッドと奴隷として売られようとしていたギリシャの娘メドーラが出会い、二人の愛を中心に物語は展開します。

コンラッドと、メドーラを手に入れようとするトルコの総督パシャや奴隷商人ランケデムとの争い、また、コンラッドはメドーラに頼まれて奴隷を解放するが海賊の手下による裏切りに合うなど、海賊や美女らが繰り広げる冒険物語に引き込まれます。

最も大きな見せ場であるコンラッド、メドーラ、アリによる洞窟でのパ・ド・トロワの他にも男性ダンサーによる躍動感に溢れる勇壮な踊り、女性ダンサーによる華麗な踊りなど、古典バレエの醍醐味を堪能できる作品です。

ガラ公演ではメドーラとアリのパ・ド・ドゥが人気ですが、全幕を見る機会の少ない『海賊』を名門ミラノ・スカラ座のステージでお楽しみください。

Le Corsaire – Trailer (Teatro alla Scala)
Le Corsaire – Trailer (Teatro alla Scala)

ミラノ・スカラ座バレエ『海賊』(全3幕)

振付:アンナ・マリー・ホームズ
原振付:マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフ
作曲:アドルフ・アダン   ほか
編曲:ケヴィン・ガリエ
舞台美術・衣装:ルイザ・スピナテッリ
照明:マルコ・フィリベック
出演:
メドーラ(ギリシャの娘):ニコレッタ・マンニ
ギュリナーラ(メドーラの友人):マルティナ・アルドゥイーノ
コンラッド(海賊の首領):ティモフェイ・アンドリヤシェンコ
ランケデム(奴隷商人):マルコ・アゴスティーノ
ビルバント(コンラッドの友人):アントニーノ・ステラ
アリ(奴隷):マッティア・センペルボーニ
ズルメア(ビルバントの恋人):アントネッラ・アルバーノ
パシャ(トルコの総督):アレッサンドロ・グリロ ほか
ミラノ・スカラ座バレエ
ミラノ・スカラ座バレエ学校
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
指揮:パトリック・フルニリエ
収録:2018年4月11・16・19日 ミラノ・スカラ座(イタリア)

(参考)アンナ・マリー・ホームズ版『海賊』のDVD・Blu-ray

ミラノ・スカラ座バレエの他、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)、東京バレエ団がアンナ・マリー・ホームズ版『海賊』をレパートリーとしています。

ABTとENBによる舞台が映像化・販売されており、1999年に収録されたABTの映像は入手困難となっていますが、ENB『海賊』のDVD・Blu-rayは現在でも入手できます。

ENBではメドゥーラをアリーナ・コジョカルが演じ、コンラッドを英国ロイヤル・バレエに移籍する前のワディム・ムンタギロフが演じている他、ギュリナーラ役には高橋絵理奈さんが出演しています。

バレエ『海賊』のおすすめDVD・Blu-ray
バレエ『海賊』はガラ公演やコンクールなどでも超絶技巧を駆使したパ・ド・ドゥがとても人気のある演目ですが、全幕作品を鑑賞する機会は意...
見逃したプレミアムシアターを見る方法 NHKオンデマンドならU-NEXTがおすすめ【31日間無料トライアルあり】
NHK BS プレミアムシアターは、世界中の劇場で上演されたバレエ、オペラ、クラシック音楽など、選りすぐりの公演を幅広く放送してい...