松山バレエ団 新「白鳥の湖」2020年3月20日(金)神奈川県民ホールで上演

松山バレエ団は、1994年に清水哲太郎台本・振付・演出により改訂された「新『白鳥の湖』(全4幕)」を2020年3月20日(金)に神奈川県民ホール 大ホールにて上演します。

3~24歳が対象となる子ども・学生席が枚数限定ながら2,000円とリーズナブルな料金設定で用意されています。
お子さまや若い世代で、まだバレエの舞台を鑑賞したことのないかたは、この機会に本格的なバレエ鑑賞デビューをしてみてはいかがでしょうか。

松山バレエ団 新「白鳥の湖」(全4幕)

松山バレエ団 新「白鳥の湖」(全4幕)
スタッフ・キャスト

■台本・振付・演出:清水哲太郎
■音楽:チャイコフスキー

■指揮:河合尚市
■演奏:東京ニューフィルハーモニック管弦楽団
■舞台美術:川口直次
■出演:
・オデット/オディール:森下洋子
・皇太子ジークフリード:堀内 充

松山バレエ団 新「白鳥の湖」 公演概要

■日程:2020年3月20日(金)15:30開演(14:45開場)
■会場:神奈川県民ホール 大ホール
■アクセス:
みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩約8分
※JR根岸線・市営地下鉄関内駅からは徒歩約15分かかります。
アクセス詳細はこちら
■チケット:
S席:¥10,000(ペア¥19,000)
A席:¥7,000
B席:¥5,000
C席:¥3,000
子ども・学生席※:¥2,000
・税込価格
・3歳から入場可
※子ども・学生席はチケットかながわのみで取扱い(3~24歳・枚数限定)

公演の詳細や最新情報は公式サイトをご確認ください。
>>> 松山バレエ団 新「白鳥の湖」