【シネマ】『くるみ割り人形』英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19(2019年2月)

英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19の第3段として『くるみ割り人形』が2019年2月1日(金)から7日(木)まで上映されます。

おなじみの『くるみ割り人形』ですが、特別企画で、2018年にロイヤル・バレエ入団20周年を迎えたマリアネラ・ヌニェスさんの20周年記念スペシャル・ショート・フィルム『NELA』が幕間に上映されるそうです!

日本人ダンサーでは、金子扶生さん、アクリ瑠嘉さんも出演します。

『くるみ割り人形』英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19 の見どころ

『くるみ割り人形』はロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2017/18でも上映されおなじみの演目ですが、2018/19シーズンでは出演者を一新しているそうです。

「昨シーズンも鑑賞したし、DVDなどでも何度も観ている」というコアなバレエファンにとっても「英国ロイヤル・バレエの《現在》の『くるみ割り人形』」として新たな魅力がありそうです!

主要な配役の映像も交えて確認しましょう!

クララとハンス・ピーター

クララにはソリストのアナ・ローズ・オサリヴァン、ハンス・ピーターにはファースト・ソリストのマルセリーノ・サンベが配役されています。

英国出身のアナ・ローズ・オサリヴァンさんは、英国ロイヤル・バレエスクールでトレーニングを受け、2012年12月にアーティストとして英国ロイヤル・バレエに入団しました。

2016年にはファースト・アーティスト、2017年にはソリストに昇進しています。

マルセリーノ・サンベさんは、ポルトガルのリスボン出身で、英国ロイヤル・バレエスクールでトレーニングを受け、2012/13シーズンから英国ロイヤル・バレエに入団しました。

2014年にファースト・アーティスト、2015年にソリスト、2017年にファースト・ソリストに昇進しています。

英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン公式サイトでは、マルセリーノ・サンベさんを「ゴムまりのような跳躍力とテクニックを誇る」と紹介しています。

The Nutcracker Act I pas de deux (Anna Rose O’Sullivan, Marcelino Sambé of The Royal Ballet)

(YouTube / Royal Opera House 公式チャンネル)

下の映像では、ケビン・オヘア(Kevin O’Hare/芸術監督)、ギャリー・エイヴィス(Gary Avis/ドロッセルマイヤー)、アナ・ローズ・オサリヴァン(Anna Rose O’Sullivan/クララ)、マルセリーノ・サンベ(Marcelino Sambé/ハンス・ピーター)、マリアネラ・ヌニェス(Marianela Nuñez/金平糖の精)、クリストファー・カール(Christopher Carr/ステージング)、サマンサ・レイン(Samantha Raine/バレエ・ミストレス)が『くるみ割り人形』を演じた経験などについて述べています。

Why The Royal Ballet love performing The Nutcracker

(YouTube / Royal Opera House 公式チャンネル)

アナ・ローズ・オサリヴァンさんとマルセリーノ・サンベさんのペアは、今シーズン上演される『ロミオとジュリエット』での主演も決まっていて、ロイヤルのなかでも勢いのある若手ダンサーのようですね。

金平糖の精と王子

クララとハンス・ピーターは若手の勢いのあるダンサーが演じますが、金平糖の精と王子は貫禄のベテラン・ペアが踊ります。

金平糖の精はマリアネラ・ヌニェスさんが、王子にはワディム・ムンタギロフさんが配役されています。

言わずと知れたロイヤル・バレエを代表するスーパー・スターで、お二人は共演する機会も多く、パートナシップは伝説の域に到達しているかもしれません。

The Nutcracker – Sugar Plum pas de deux: Adagio (Nuñez, Muntagirov, The Royal Ballet)

(YouTube / Royal Opera House 公式チャンネル)

マリアネラ・ヌニェス スペシャル・ショート・フィルム『NELA』(ロイヤル・バレエ入団20周年記念)

出演者を一新とはいえ、当然、ベテランダンサーも健在です。

なかでも、今回の『くるみ割り人形』で金平糖の精を演じるマリアネラ・ヌニェスさんは、2018年にロイヤル・バレエ入団20周年を迎えています。

この20周年記念に製作されたスペシャル・ショート・フィルム『NELA』が『くるみ割り人形』の幕間に上映されるそうです。

新書館『ダンス・マガジン』誌が実施したダンサーベストテン2018で女性第4位になり、日本でも彼女の人気は絶大です。

マリアネラ・ヌニェスさんのファンは鑑賞しない選択肢がなくなりました!

『くるみ割り人形』英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19 概要

■日程 2019年2月1日(金)~2019年2月7日(木)

■時間 上演日程が近づいてきたら各劇場に確認してください。

■会場
【北海道】ディノスシネマズ札幌
【宮城】フォーラム仙台
【東京】TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ日本橋、イオンシネマ シアタス調布
【千葉】TOHOシネマズ流山おおたかの森
【神奈川】TOHOシネマズららぽーと横浜
【愛知】TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
【京都】イオンシネマ京都桂川
【大阪】大阪ステーションシティシネマ
【兵庫】TOHOシネマズ西宮OS
【福岡】中洲大洋映画劇場

■振付:ピーター・ライト
■音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
■指揮:バリー・ワーズワース

■出演
ドロッセルマイヤー:ギャリー・エイヴィス
クララ:アナ・ローズ・オサリヴァン
ハンス・ピーター(ドロッセルマイヤーの甥)/くるみ割り人形:マルセリーノ・サンベ
金平糖の精:マリアネラ・ヌニェス
王子:ワディム・ムンタギロフ

アルルカン:ベンジャミン・エラ
コロンビーヌ:エリザベス・ハロッド
兵士:ポール・ケイ
ヴィヴァンディエール:ミーガン・グレース・ヒンキス
ねずみの王様:ニコル・エドモンズ

スペイン:クリステン・マクナリー、ニコル・エドモンズ、アネット・ブヴォリ、エリコ・モンテス、ハナ・グレンネル、トーマス・モック
アラビア:メリッサ・ハミルトン、リース・クラーク、テオ・ドゥブロイル、デヴィッド・ドネリー
中国:アクリ瑠嘉、レオ・ディクソン
ロシア:ポール・ケイ、ケヴィン・エマートン
葦笛:イザベラ・ガスパリーニ、エリザベス・ハロッド、アシュリー・ディーン、エマ・マグワイア
薔薇の精:金子扶生
薔薇の精のエスコート:ウィリアム・ブレイスウェル、トリスタン・ダイヤー、ベンジャミン・エラ、ヴァレンティノ・ズケッティ

The Nutcracker – trailer (The Royal Ballet)

(YouTube / Royal Opera House 公式チャンネル)

『くるみ割り人形』(英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19)の詳細については公式サイトをご確認ください。

>>> 英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19 英国ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』

【ご注意】
『くるみ割り人形』(英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン2018/19)を上映予定のTOHOシネマズ日本橋(東京)は、2019年1月26日(土)18:00以降、設備点検のため、営業を中止しており、営業再開の見込みに関しては、分かり次第、公式ホームページにてお知らせすることになっています。
TOHOシネマズ日本橋(東京)にて鑑賞予定の方は、公式ホームページで最新情報をご確認ください。