新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』2020年10〜11月に豪華6キャストで上演!特典付オンライン有料配信も決定!

【写真】新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』(米沢 唯/井澤 駿)

新国立劇場バレエ団は、2020/2021シーズンの開幕公演として『ドン・キホーテ』を2020年10月23日(金)~11月1日(日)に上演します。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により開幕公演の演目が変更されましたが、新国立劇場バレエ団を代表する豪華6キャストによる華やかな舞台で新シーズンの幕が開きます。

【9/4・14追記】
オンライン有料配信について追記しました。

新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』(2020/2021シーズン)

新国立劇場の2020/2021シーズンバレエ開幕公演として、ピーター・ライト版『白鳥の湖』(新制作)が海外のバレエ団の協力を得て2020年10月に上演が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の世界的影響により、上演が困難となりました。

このため、5月に予定されていながら新型コロナウイルス感染症拡大により中止となった『ドン・キホーテ』が上演されることになりました。

https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017511.html

2019/2020シーズンのラインアップの発表で2020年5月に『ドン・キホーテ』の上演が発表されたとき、大原永子芸術監督は「多くのダンサーにチャンスを与えて上げようと思って、今までよりも多いキャスティングでいきたい」と語り、6キャストによる上演という新国立劇場バレエ団では類を見ないキャスティングとなっていましたが、2020/2021シーズンでの復活公演においてもこのキャスティングが踏襲されました。

2020/2021シーズンから芸術監督として新国立劇場バレエ団を率いる吉田 都芸術参与は、公式サイトに掲載されたメッセージの中で、「世界中の人々にとって未曾有の脅威となった今回の出来事をバレエ団一丸となって克服し、大原現監督からのバトンを引き継ぐ意味も込めて、この5月に上演が予定されていた『ドン・キホーテ』を選びました」と述べられています。

https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_017520.html

キトリ役5名、バジル役6名による6キャストでの上演で、キトリ役のうち米沢 唯さんだけは異なるパートナーと組んで2公演に主演します。

初役デビューも多く、池田理沙子さんと柴山紗帆さんのキトリ デビューが予定され、速水渉悟さんはバジルを踊り新国立劇場バレエ団主演デビューを飾ります!

超絶技巧が求められる『ドン・キホーテ』ですが、主演キャストはいずれもテクニシャンのダンサーが起用されています。

《「NHKバレエの饗宴」特別企画 – 吉田都引退公演 Last Dance》では、米沢 唯さんは東京バレエ団の秋元康臣さんとペアを組んで『ドン・キホーテ』に出演され、32回のグランフェッテをまさかの扇子片手で軽やかに決め、大喝采を浴びていました。

このときの踊りを観て、全幕でキトリを踊る米沢さんを観てみたいと思った方は少なくないはずです。

新国立劇場ではこの舞台がキトリデビューとなる池田理沙子さんにも期待がかかります。

池田理沙子さんは2018年3月に新宿文化センターで上演されたガラ公演『バレエ・ローズ・イン・ラブストーリーズ~バラで綴るバレエの恋の物語~』において『白鳥の湖』でオディール役を踊り、32回のグランフェッテを鳥肌が立つほどに見事に決め、会場は割れんばかりの拍手が湧き上がったことを覚えています。

普段の舞台でもそうですが、とくにクラスレッスンなどを見学すると、池田さんは基礎がしっかりしているダンサーであることがよく分かります。

また、最近の新国立劇場バレエ団は男性ダンサーの層にも厚みが増していますが、速水渉悟さんがバジルで魅了してくれそうです。

新国立劇場バレエ団の公演では主演デビューとなりますが、2018年の入団以来、様々な役でその実力の高さは証明済みです。

王道の看板ペアである小野絢子/福岡雄大ペアをはじめ、素晴らしいダンサーばかりでどのペアの公演を鑑賞しようか迷う方が続出しそうですが、この際、2キャストいや全6キャストを見比べてみてはいかがでしょうか!?

新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』(小野絢子/福岡雄大)

スタッフ

■音楽:レオン・ミンクス
■振付:マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴルスキー
■改訂振付:アレクセイ・ファジェーチェフ
■美術・衣裳:ヴャチェスラフ・オークネフ
■照明:梶 孝三
■指揮:冨田実里(9/4決定)
■管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
(注)未定となっていた指揮者は、9月4日に新国立劇場バレエ団レジデント・コンダクターの冨田実里さんに決まりました。

キャスト

■10月22日(金)19:00
キトリ:米沢 唯、バジル:井澤 駿
■10月24日(土)13:00 → 13:30(時間変更)
キトリ:木村優里、バジル:渡邊峻郁
■10月24日(土)18:30 → 19:00(時間変更)
キトリ:小野絢子、バジル:福岡雄大
■10月25日(日)14:00
キトリ:柴山紗帆、バジル:中家正博
■10月31日(土)13:00
キトリ:池田理沙子、バジル:奥村康祐
■10月31日(土)18:30【公演収録映像を11月5日から有料配信】
キトリ:米沢 唯、バジル:速水渉悟
■11月1日(日)14:00
キトリ:小野絢子、バジル:福岡雄大

公演概要

■日程:2020年10月23日(金)~11月1日(日)(全7公演)
■予定上演時間:約2時間35分(休憩含む)
■会場:新国立劇場 オペラパレス(京王新線・都営新宿線乗入「初台駅」中央口直結)
■チケット(税込):
S席:13,200円
A席:11,000円
B席:7,700円
C席:4,400円
D席:3,300円
Z席:1,650円
(Z席は舞台のほとんどが見えない席で、公演当日朝10:00から発売。詳細は公式サイトをご確認ください)
■前売開始日:
アトレ会員先行発売日: 9月6日(日)10:00~9月8日(火)
一般発売日:9月12日(土)10:00~

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面の間、休止されていますのでご注意ください。

■公式サイト:新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』

【9/4・14追記】オンライン有料配信概要

全国の美術館、博物館などから、NHK人気番組「チコちゃんに叱られる!」のチコちゃんといっしょに特別な課外授業をライブ配信する「チコちゃんといっしょに課外授業」が新国立劇場と共催で実施します。

吉田 都芸術監督による主役2名のリハーサル風景の生配信や吉田 都芸術監督に直接質問ができる生配信など、様々な特典つきです!

■チケットに含まれる配信内容
【プレ配信動画】
・日程:10月1日(木)チケット購入後すぐに視聴可能
・内容:吉田監督、ダンサーたちのメッセージ動画
・インタビュー出演者:吉田都芸術監督、米沢 唯、速水渉悟、池田理沙子、木村優里、朝枝尚子、横山柊子、太田寛仁、中島瑞生、仲村 啓、渡部義紀
【配信第1弾】
・日程:10月9日(金)18:00 〜ライブ配信(以降、見逃し配信)
・内容:吉田都監督による主役2名のリハーサル風景生配信
【配信第2弾
・日程:10月18日(日)11:00〜ライブ配信(以降、見逃し配信)
・内容:子どもから大人まで、吉田都監督に直接質問ができる生配信
【配信第3弾
・日程:11月5日(木)配信予定(以降、見逃し配信)
・内容:「ドン・キホーテ」10月31日(土)18:30公演収録映像(キトリ:米沢 唯/バジル:速水渉悟)

■配信期間:10月1日(木)〜11月30日(月)予定
(配信される動画は、配信開始日から配信期間終了まで、 回数の制限なく視聴できます)

■配信チケット料金:2,500円(税込)

■チケット発売日:10月1日(木)予定

■公式サイトhttps://chicoissyo.com/special/ballet.html

関連動画

新国立劇場バレエ団 3分でわかる!『ドン・キホーテ』
新国立劇場バレエ団 3分でわかる!『ドン・キホーテ』
(YouTube / 新国立劇場 New National Theatre Tokyo 公式チャンネル)

(参考)バレエ名作物語 Vol.3 ドン・キホーテ
新国立劇場バレエ団 オフィシャルDVD BOOKS

新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』のオフィシャルDVD BOOKSが、世界文化社から発売されています。
DVDによる映像に加え、豪華写真満載の書籍には作品解説などが掲載されており、舞台鑑賞の予習復習にもぴったりです。
スヴェトラーナ・ザハロワとアンドレイ・ウヴァーロフが主演し、2009/2010シーズンのオープニングを飾った舞台です。

■主要キャスト
キトリ:スヴェトラーナ・ザハロワ
バジル:アンドレイ・ウヴァーロフ
ドン・キホーテ:長瀬信夫
サンチョ・パンサ:吉本泰久
街の踊り子:西川貴子
エスパーダ:貝川鐵夫
キトリの友人(ジュニアッタ):寺島まゆみ
キトリの友人(ピッキリア):西山裕子
メルセデス:湯川麻美子
森の女王:厚木三杏
キューピッド:高橋有里

■収録:2009年10月12・14日