《東京》Kバレエ カンパニー『ドン・キホーテ』2021年5月に東京文化会館で上演/飯島望未さんゲスト出演決定!

Kバレエ カンパニーの『ドン・キホーテ』が、2021年5月19日(水)から5月23日(日)まで東京・Bunkamuraオーチャードホールで上演されます。

米国のヒューストン・バレエでプリンシパルとして活躍している飯島望未さんがゲスト出演し、キトリ役で主演することも決定しました!

また、大人1名と子供1名(5歳以上小学6年生以下)の組み合わせを対象としてお得な料金の親子席も設定されています。

K-BALLET COMPANY SPRING 2021『ドン・キホーテ』

『ドン・キホーテ』はスペインのバルセロナを舞台に繰り広げられる、とにかく明るく楽しいバレエです。

セルバンテスの同名小説、ドン・キホーテの冒険譚を元にしていますが、バレエでは町娘のキトリと床屋の青年バジルの二人による恋の駆け引きを中心に描かれ、二人の超絶技巧の応酬が最大の見せ場で、キトリの32回転のグラン・フェッテで興奮は最高潮を迎えます。

Kバレエ カンパニーでは2004年に熊川哲也さんが演出・再振付した版が上演されており、今回の公演は2018年11月以来の上演となります。

熊川さんは2019年に出場したローザンヌ国際バレエコンクールでバジルのバリエーションを踊り日本人初となるゴールド・メダルを受賞するなど、バジルを当たり役としており、熊川版『ドン・キホーテ』は非常に高い評価を得ている作品です。

SPRING 2021 では、日髙世菜&髙橋裕哉、小林美奈&堀内將平、飯島望未&山本雅也、毛利実沙子&杉野 慧の4組がキャスティングされています。

堀内將平さんと山本雅也さんにとってはプリンシパルに昇格してから初めてのバジルを披露する公演であり、さらに磨き上げられた踊りが期待されています。

2021年1月にプリンシパルとして入団した日高世菜さん、Kバレエ カンパニー初出演となる飯島望未さんという世界的プリマ2人が演じるキトリも大きな話題となっています。

日程・キャスト

■5月19日(水)14:00
キトリ:日髙世菜
バジル:髙橋裕哉

■5月20日(木)14:00
キトリ:小林美奈
バジル:堀内將平

■5月20日(木)18:30
キトリ:飯島望未
バジル:山本雅也

■5月21日(金)14:00
キトリ:小林美奈
バジル:堀内將平

■5月22日(土)13:00
キトリ:毛利実沙子
バジル:杉野 慧

■5月22日(土)17:30
キトリ:日髙世菜
バジル:髙橋裕哉

■5月23日(日)13:00
キトリ:飯島望未
バジル:山本雅也

指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

演出・再振付:熊川哲也
原振付:マリウス・プティパ、アレクサンドル・ゴールスキー
音楽:ルードヴィヒ・ミンクス

公演情報

■日程:2021年5月19日(水)~5月23日(日)(全7公演)
■会場:Bunkamuraオーチャードホール
■アクセス:
・JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
・東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」A2出口より徒歩5分
(アクセス詳細はこちら
■チケット(税込):
S:15,000円
A:11,000円
B:8,000円
C:6,000円
A親子席:15,000円/大人1名+ 子供1名(5歳以上小学6年生以下)/A席エリア学生券:3,500円/中学生以上25歳以下/当日学生証を提示の上引き換え/席位置未定
■チケット一般発売:3月27日(土)
■公式サイト:https://www.k-ballet.co.jp/contents/2021donquixote