【TV】ドキュメンタリー解放区「The Soul of Swan Lake」宮尾俊太郎さんの案内で敗戦直後の『白鳥の湖』日本初演に迫る/再現シーンに浅川紫織さん、宮尾俊太郎さん、杉野慧さん、栗山廉さんらが出演

2022年8月7日(日)深夜に放送されるテレビ番組ドキュメンタリー解放区「The Soul of Swan Lake」では、元K-BALLET COMPANY プリンシパルの宮尾俊太郎さんが案内役となり、敗戦直後の1946年に日本で初めて全幕上演された『白鳥の湖』に迫ります。

番組では、K-BALLET COMPANY のダンサーが登場して当時の舞台を再現し、熊川哲也さんのインタビューもあります。

ドキュメンタリー解放区 #33
「The Soul of Swan Lake」

バレエ『白鳥の湖』は、チャイコフスキー三大バレエの最初の作品で、ユリウス・ウェンツェル・ライジンガー振付により1877年にモスクワのボリショイ劇場で初演され、マリウス・プティパ、レフ・イワーノフの改訂版が登場し、その後、様々な版が上演されているクラシック・バレエの代名詞ともいえる傑作です。

日本における初めての全幕上演は1946年の東京バレエ団結成記念公演で、東勇作バレエ団、貝谷八百子バレエ団、服部・島田バレエ団による合同公演でした。(現在の東京バレエ団とは異なります)

番組では、この初演舞台に出演したというダンサーの諸井昭さん達が当時の記憶を語り、また、当時の振付を蘇らせる舞台の再現シーンでは、案内役の宮尾俊太郎さんに加えて、K-BALLET COMPANY から浅川紫織さん、杉野慧さん、栗山廉さんらが出演します。

番組で触れるか分かりませんが、初演での装置を担当したのは藤田嗣治(ふじた・つぐはる/洗礼名:レオナール・ツグハル・フジタ)です。

日本で生まれフランスに帰化しますが、「乳白色の肌」と呼ばれる裸婦像などで世界的に非常に高い評価を得た画家・彫刻家です。

再演時に装置は変更され、長らく失われていましたが、東京シティ・バレエ団が設立50周年記念公演として2018年に制作した「『白鳥の湖』〜大いなる愛の讃歌〜」において、この藤田嗣治デザインの美術を蘇らせており、現在、東京シティ・バレエ団の公演で見ることができます。

放送概要
ドキュメンタリー解放区 #33
「The Soul of Swan Lake」
■放送日時:2022年8月7日(日)24:58〜25:58
■チャンネル:TBSテレビ
■公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kaihou-ku/

(関連情報)番組に登場するダンサーの舞台出演情報

K-BALLET Opto「プティ・コレクション」―プティ・プティ・プティ!
■日程:
・2022年9月30日(金)12:30
・2022年9月30日(金)17:30
・2022年10月1日(土)12:30
・2022年10月1日(土)17:30
■会場:KAAT神奈川芸術劇場 ホール
■概要:K-BALLET Opto は、K-BALLET のダンサーを基盤に、世界的に著名な振付家や異なるジャンルとのコラボレーションにより多様なダンスの魅力を伝える新たな試みで、今回が旗揚げ公演となります。
「小さい、あどけない」等といった意味を持つフランス語の「Petit(プティ)」をタイトルに含む、世界的に活躍する振付家の3作品が上演されます。
K-BALLET Opto「プティ・コレクション」―プティ・プティ・プティ!2022年9月30日(金)・10月1日(土)神奈川芸術劇場で上演
古典バレエを極めた K-BALLET COMPANY が、ダンスの深層を探る新たな試みとして「光」を意味する「Opto」を冠した ...
K-BALLET COMPANY Autumn Tour 2022
『クレオパトラ』
■日程・会場:
[東京]2022年10月26日(水)~10月30日(日)/Bunkamuraオーチャードホール
[大阪]2022年11月3日(木・祝)/フェスティバルホール
[札幌]2022年11月7日(月)/札幌文化芸術劇場 hitaru
■概要:古代エジプトとローマを舞台にクレオパトラの波乱の生涯を描いたKバレエの完全オリジナル作品です。
浅川紫織さんはクレオパトラ役で主演し、杉野慧さんはブルータス役、栗山廉さんはアントニウス役で出演します。
K-BALLET COMPANY 『クレオパトラ』4年ぶりの再演/熊川哲也さん、ジュリアス・シーザー役で特別出演決定!2022年10〜11月(東京・大阪・札幌)
K-BALLET COMPANY は、2022年10〜11月に Autumn Tour 2022 を開催し、東京、大阪、札幌の3都...
K-BALLET COMPANY Winter Tour 2022
『くるみ割り人形』
■日程・会場:
[東京]2022年12月14日(水)~12月18日(日)/Bunkamuraオーチャードホール
[富山]2022年12月23日(金)/オーバード・ホール
■概要:年末恒例の『くるみ割り人形』で、栗山廉さんはくるみ割り人形/王子役、杉野慧さんはドロッセルマイヤー役で出演予定です。
舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』
■日程:2022年7月8日(金)開幕(2023年5月までの予定)
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■概要:「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ.K.ローリング自らが、ジョン・ティファニー(演出)、ジャック・ソーン(脚本)とともに創作したオリジナル・ストーリーの舞台で、世界で数々の演劇賞を受賞しています。
日本では、藤原竜也さん、石丸幹二さん、向井理さんのトリプル・キャストで上演され、宮尾俊太郎さんがドラコ・マルフォイ役で出演しています。
■公式サイト:https://www.harrypotter-stage.jp

(関連情報)藤田嗣治による美術を蘇らせた舞台

東京シティ・バレエ団
『白鳥の湖』〜大いなる愛の讃歌〜
■日程:
・2022年8月13日(土)13:30(オニール八菜&ジェルマン・ルーヴェ)
・2022年8月13日(土)18:00(佐々晴香&キム・セジョン)
・2022年8月14日(日)15:00(オニール八菜&ジェルマン・ルーヴェ)
■会場:新国立劇場 オペラパレス
■概要:東京シティ・バレエ団は設立50周年記念公演として、2018年に「『白鳥の湖』〜大いなる愛の讃歌〜」を制作し、その際、1946年に日本における『白鳥の湖』全幕初上演時に世界的画家の藤田嗣治さんがデザインした美術を蘇らせています。
東京シティ・バレエ団 オニール八菜、ジェルマン・ルーヴェ、佐々晴香をゲストに招き『白鳥の湖』を上演(2022年8月/新国立劇場)
東京シティ・バレエ団が、オニール八菜、佐々晴香、ジェルマン・ルーヴェをゲストに招き、『白鳥の湖』を2022年8月13日(土)・14日(日)に新国立劇場 オペラパレスで上演します。