NBAバレエ団 二山治雄さんをゲストに招き『ラ・フィユ・マル・ガルデ』『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』2022年7月9日(土)・10日(日)新国立劇場で上演

NBAバレエ団が、元パリ・オペラ座バレエ契約団員の二山治雄さんをゲストに招き、12年ぶりの再演となる『ラ・フィユ・マル・ガルデ』を上演します。

1789年に初演された世界最古の古典バレエともいわれ、のどかな田園を舞台に若者の恋を明るく描いたバレエで、『リーズの結婚』のタイトルでも知られています。

異なる音楽を用いて複数の作品が誕生しましたが、現在、上演されているものでは、アシュトン振付で英国ロイヤル・バレエなどがレパートリーとしている作品が有名ですが、NBAバレエ団が上演する『ラ・フィユ・マル・ガルデ』は、1940年にアメリカン・バレエ・シアター(ABT)が旗揚げ公演に古典の再演として上演したニジンスカ版です。

また、マックス・ブルッフの優美な音楽と調和した色鮮やかな衣裳、躍動的な群舞、個性あふれる4カップルによる踊りが魅力の『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』が同時上演されます。

38歳の若さでこの世を去った元ABTプリンシパルのクラーク・ティペットが振り付けた作品で、日本で完全版を上演できるのはNBAバレエ団のみという貴重な作品です。

公演は、2022年7月9日(土)と7月10日(日)の二日間、新国立劇場 中劇場において3公演が上演され、チケットはは4月22日(金)に一般発売されます。

La Fille PV
La Fille PV(YouTube「NBA」チャンネル)
二山治雄コメント
二山治雄コメント(YouTube「NBA」チャンネル)
NBA BALLET COMPANY 『ラ・フィユ・マル・ガルデ』リハーサルリポート
NBA BALLET COMPANY 『ラ・フィユ・マル・ガルデ』リハーサルリポート(YouTube「NBA」チャンネル)

7月9日(土)17:30の公演でリーズを演じる野久保奈央さんとコーラスを演じる新井悠汰さんのインタビューとリハーサル映像です。

スタッフ

『ラ・フィユ・マル・ガルデ』
原振付:ジャン・ドーベルヴァル、ブロニスラヴァ・ニジンスカ
音楽:ぺーテル・リュドウィヒ・ヘルテル
演出・再振付:ブルース・マークス
舞台装置・衣装デザイン:パウロ・フィメドロ
ゲストバレエマスター:ブルース・マークス
ゲストバレエミストレス:サマンサ・アン・ダンスター
『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』
振付:クラーク・ティペット
音楽:マックス・ブルッフ
ゲストバレエマスター:デビッド・リチャードソン

キャスト

【7月9日(土)13:00】

『ラ・フィユ・マル・ガルデ』【7月9日(土)13:00】
リーズ:勅使河原綾乃
コーラス:二山治雄
アラン:高橋真之
シモーヌ:古道貴大
『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』【7月9日(土)13:00】
ブルー:竹内 碧、宮内浩之
ピンク:野久保奈央、孝多佑月
アクア:猪嶋沙織、伊藤龍平
レッド:浅井杏里、刑部星矢

【7月9日(土)17:30】

『ラ・フィユ・マル・ガルデ』【7月9日(土)17:30】
リーズ:野久保奈央
コーラス:新井悠汰
アラン:孝多佑月
シモーヌ:刑部星矢
『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』【7月9日(土)17:30】
ブルー:福田真帆、三船元維
ピンク:山田茉子、高橋真之
アクア:須谷まきこ、大森康正
レッド:阪本絵利奈、本岡直也

【7月10日(日)14:00】

『ラ・フィユ・マル・ガルデ』【7月10日(日)14:00】
リーズ:勅使河原綾乃
コーラス:二山治雄
アラン:高橋真之
シモーヌ:古道貴大
『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』【7月10日(日)14:00】
ブルー:竹内 碧、宮内浩之
ピンク:野久保奈央、孝多佑月
アクア:猪嶋沙織、伊藤龍平
レッド:浅井杏里、刑部星矢
公演情報
■日程:
2022年
・7月9日(土)13:00(12:15開場)
・7月9日(土)17:30(16:45開場)
・7月10日(日)14:00(13:15開場)
上演時間:2時間30分(休憩含)
■会場:新国立劇場 中劇場(京王新線「初台駅」中央口直結)
■チケット:
・S席:12,000円
・A席:9,000円
・学生席(U25):3,000円(社会人学生を除く公演日当日に25歳以下の学生が対象)
(注)3歳未満は入場できません。
■チケット発売:
・with NBA先行発売:4月15日(金)10:00
・一般発売:4月22日(金)10:00
■公式サイト:https://nbaballet.org/official/la_fille_mal_gardee/