【公演情報】夢幻朗読劇『一月物語』(宝満直也氏振付)

2018年3月7日(水)~12日(日)の期間、よみうり大手町ホールにおいて芥川賞作家 平野啓一郎氏の小説『一月物語』(いちげつものがたり)が朗読劇として上演されますが、振付は宝満直也氏が手がけています。

宝満さんの最新ニュースをお届けします。

夢幻朗読劇『一月物語』

夢幻朗読劇『一月物語』は、芥川賞作家である平野啓一郎氏原作の『一月物語』を朗読と音楽と身体表現を織り交ぜながら上演する朗読劇ということです。

この朗読劇には、元宝塚歌劇団雪組トップスターの水夏希さん、バレエダンサーの横関雄一郎さん等が出演されます。

また、横関さんは、第26回ローザンヌ国際バレエコンクール スカラシップ賞、1位受賞を受賞しハンブルク・バレエスクールに留学し、その後、ドイツを中心に活躍し、現在は日本に帰国し、幅広く活動されているダンサーです。

朗読劇ということでダンスがあるのかどうかは不明ですが、若手振付家としても注目される宝満直也さん(NBAバレエ団・ソリスト)が振付を担当しています。

宝満さんは、2017年11月に新国立劇場バレエ団からNBAバレエ団に移籍されましたが精力的に活動しているようですね。

2018年2月17日(土)、18日(日)には『ARCHITANZ 2018』においてホ・ヨンスン(Young Soon Hue)氏の振付作品『ジ・エッジ・オブ・ザ・サークル』にダンサーとして出演します。

さらに一か月後の2018年3月17日(土)、18日(日)には移籍先のNBAバレエ団において『海賊』(久保綋一版・世界初演)が上演されますが、この作品では、ダンサーとしてのみならず振付助手としても活躍されています。

夢幻朗読劇『一月物語』において宝満さんは振付のみで出演はないようですが、彼の振付家としての才能に魅せられている方には嬉しいニュースではないでしょうか。

【公演概要】

夢幻朗読劇『一月物語』
日時:2018年3月7日(水)~12日(日)(8公演)
場所:よみうり大手町ホール
原作:平野啓一郎
構成・演出:谷 賢一
音楽・演奏:かみむら周平
振付:宝満直也
出演:水夏希/横関雄一郎/榊原 毅/彩吹真央・久保田秀敏(Wキャスト)
公式サイト:http://ichigetsu.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする