【公演情報】ロイヤル・エレガンスの夕べ(高田茜さん、平野亮一さん出演)

英国ロイヤル・バレエのトップダンサー10名による「ロイヤル・エレガンスの夕べ」が2018年8月30日(木)~9月1日(土)、めぐろパーシモンホールで開催されます。

日本人プリンシパルの高田 茜さん、平野亮一さん、先月プリンシパルへの昇進が発表されたばかりのマシュー・ボールさんらが出演します。

アシュトン、マクミラン作品から、現代を代表するウェイン・マクレガー、リアム・スカーレットの作品まで、ロイヤルの魅力的な演目を披露します。

「ロイヤル・エレガンスの夕べ」のみどころ

「ロイヤル・エレガンスの夕べ」の目的について、チケット販売を手掛けるイープラスのサイトでは次のように紹介されています。

この公演の目的は、新しいタイプのクラシックバレエの演目を、日本のバレエファンやバレエを観たことがないお客様へお届けすること。また、お客様にロイヤル・バレエ特有の歴史の深さやレパートリー・動きの多様性を魅せることを目的としています。

⇒ ロイヤルエレガンスの夕べ2018(イープラス)

「ロイヤル・バレエ特有の歴史の深さ」では、アシュトン、マクミラン作品などが用意されているのでしょう。

「新しいタイプのクラシックバレエの演目」ということでは、現代の振付家の作品、ウェイン・マクレガー、リアム・スカーレット作品などのことでしょう。

また、ジョセフ・シセンズの世界初演作品も披露される予定です。

アシュトン作品では『シンデレラ』が、マクミラン作品では『ロメオとジュリエット』や『マノン』などが日本でもとくに人気がありますが、日本では紹介される機会のない作品もあります。

今回の演目の中では、ヤスミン・ナグディさんとアレクサンダー・キャンベルさんが踊る『二羽の鳩』、ヤスミン・ナグディさんと平野亮一さんが踊る『エリート シンコペーションズ』も、日本では少しなじみのない作品ではないでしょうか。

アシュトンの『二羽の鳩』は、NHKの美の壺「華やかに物語る バレエ」の中でも紹介されたので関心をお持ちのバレエファンもいらっしゃるのではないでしょうか。

美の壺にも出演された「小林紀子バレエシアター」は英国バレエを精力的に日本に紹介しており、『二羽の鳩』も『エリート シンコペーションズ』も重要なレパートリーとして上演しています。

『二羽の鳩』は、小林紀子バレエシアターが、ちょうど、今年(2018年)の6月から7月に上演したところですね。

『エリート シンコペーションズ』はドラマティック・バレエのマクミラン作品からは想像しにくいコミカルな作品です。

ちょっと恥ずかしい衣装(笑)と哀愁を帯びた音楽が特徴的で、個人的にはお気に入りの演目です。

こういった作品もロイヤル・バレエのレパートリーの多様性を紹介するのにうってつけではないでしょうか。

DVD 英国ロイヤル・バレエ団「マクミラン・トリプルビル」」予告編

(YouTube / ColumbiaMusicJp 公式チャンネル)

出演者もとても魅力的なメンバーで、日本人プリンシパルの高田 茜さんと平野亮一さんも出演します。

ワディム・ムンタギロフさん、ローレン・カスバートソンさんといったロイヤルを代表するスターダンサーや先ごろプリンシパルへの昇進が発表されたマシュー・ボールさんなど、ぜひ観ておきたいダンサーばかりです。

「ロイヤル・エレガンスの夕べ」公演概要

【日時】

2018年8月30日(木)19:00開演

2018年8月31日(金)19:00開演

2018年9月1日(土)12:30開演

【会場】めぐろパーシモンホール

【演目】

1. 「春の声」よりパ・ド・ドゥ(アシュトン)

ラウラ・モレーラ & アレクサンダー・キャンベル

2. 「ロミオとジュリエット」よりバルコニーのパ・ド・ドゥ(マクミラン)

ヤスミン・ナグディ & マシュー・ボール

3. 「ラ・シルフィード」よりパ・ド・ドゥ (ブルノンヴィル)

高田茜 & ジョセフ・シセンズ

4. 瀕死の白鳥(カルヴィン・リチャードソン)

カルヴィン・リチャードソン

5. 「ジュエルズ」よりダイヤモンドのパ·ド·ドゥ(バランシン)

ローレン・カスバートソン & ワディム・ムンタギロフ

6. 「エリート シンコペーションズ」よりベセーナ·ワルツ(マクミラン)

ヤスミン・ナグディ & 平野亮一

7. 「危険な関係」よりパ·ド·ドゥ(アダム·クーパー)

ラウラ・モレーラ & マシュー・ボール

8.「トレース」よりパ·ド·ドゥ(キャシー·マーストン)

ラウラ・モレーラ & リカルド・セルヴェラ

9.世界初演作品

ジョセフ・シセンズ

10.「シルヴィア」(第3幕)よりパ·ド·ドゥ(アシュトン)

ローレン・カスバートソン & ワディム・ムンタギロフ

11.「With A Chance of Rain」(スカーレット)

ラウラ・モレーラ & マシュー・ボール

12.「二羽の鳩」より和解のパ·ド·ドゥ(アシュトン)

ヤスミン・ナグディ & アレクサンダー・キャンベル

13.「レイヴン·ガール」よりパ·ド·ドゥ(マクレガー)

高田茜 & 平野亮一

14.「ファサード」よりタンゴ(アシュトン)

ラウラ・モレーラ & リカルド・セルヴェラ

15.世界初演作品

ジョセフ・シセンズ

フィナーレ

「ロイヤルエレガンスの夕べ 2018-A Night of Royal Elegance 2018年 8月30日-9月1日」

(YouTube / Dance Tours 公式チャンネル)

(演目、出演者に変更が生じる可能性があります。最新情報は公式サイトなどをご確認ください)

⇒ http://www.royalelegancenight.com/