【映画】英国ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』フランチェスカ・ヘイワード&ウィリアム・ブレイスウェル主演/2020年3月6日(金)から上映決定!

プロコフィエフの音楽にマクミランが振り付けたドラマティック・バレエ不朽の名作『ロミオとジュリエット』が劇場を飛び出し、生き生きと再現された16世紀のヴェローナの街並みで撮影された画期的なバレエ映画がとして英国ロイヤル・バレエのフランチェスカ・ヘイワードとウィリアム・ブレイスウェル主演、新世代ロイヤル・ダンサーの出演により誕生しました。
日本では2020年3月6日(金)からTOHOシネマズシャンテ 他で、全国ロードショーされることが決まりました!

【3/19追加】
バルコニー・パ・ド・ドゥの動画を追加しました。

映画『ロミオとジュリエット(原題:ROMEO AND JULIET: Beyond Words)』

映画『ロミオとジュリエット(原題:ROMEO AND JULIET: Beyond Words)』について

英国ロイヤル・バレエ団が誇るケネス・マクミランの『ロミオとジュリエット』が劇場を飛び出し、生き生きと再現された16世紀のヴェローナの街並みで撮影されたバレエ映画が制作されました。
大ヒットブロードウェーミュージカルを映画化した『キャッツ』で白猫ヴィクトリア役を演じて話題の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードがジュリエットを演じ、ファースト・ソリストのウィリアム・ブレイスウェルがロミオを演じています。
また、マシュー・ボール、マルセリ-ノ・サンベら新世代の英国ロイヤル・バレエ団のダンサーが出演しています。
制作・監督は、英国ロイヤル・バレエ団の元ダンサーで、コンテンポラリー・ダンス・カンパニー、ドキュメンタリー映像制作などでも活躍しているバレエ・ボーイズ(BalletBoyz)のウィリアム・トレヴィットとマイケル・ナンが制作・監督を務めています。

バレエ・ボーイズは、英国ロイヤル・バレエ団の元プリンシパルであるウィリアム・トレヴィットと元ファースト・ソリストのマイケル・ナンにより2000年に共同で設立されました。
二人は、1999年に英国ロイヤル・バレエ団を退団し、Kバレエ カンパニー(K-BALLET COMPANY)の設立に参加しますが、しばらくしてロンドンに戻り、より自由で幅広いクリエイティブのためにバレエ・ボーイズ設立します。
コンテンポラリー・ダンス・カンパニーとしては、ウィリアム・フォーサイス、アクラム・カーン、マシュー・ボーン、クリストファー・ウィールドンらとともに作品を制作・上演しています。
2004年には、英国ロイヤル・オペラ・ハウスのステージにゲスト・プリンシパル・ダンサーとして戻りシルヴィ・ギエムと踊ったラッセル・マリファント(Russell Maliphant)の『ブロークン・フォール(Broken Fall)』でオリヴィエ賞を受賞しています。
映像制作では、初めてボリショイ・バレエ団に振り付けた英国人クリストファー・ウィールドン(Christopher Wheeldon)の制作過程を映像に収めたドキュメンタリー「徹底的にボリショイ(Strictly Bolshoi)」でエミー賞を受賞しています。

バレエ・ダンサーとしての経験に加え、映像制作の分野でも経験と実績があることから、映画『ロミオとジュリエット』は非常に魅力あふれる作品に仕上がっているようです。
通常の映画でもなく、また、舞台転換や幕が降りて来ることによってストーリーが中断するバレエの舞台とも異なる、『ロミオとジュリエット』の世界を直接的に経験し没入することができる作品です。

映画『ロミオとジュリエット』予告
映画『ロミオとジュリエット』予告

映画『ロミオとジュリエット』
主要キャスト プロフィール

フランチェスカ・ヘイワード Francesca Hayward(ジュリエット)

英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル
2003–11 英国ロイヤル・バレエ・スクールで学ぶ
2010/11シーズンから英国ロイヤル・バレエ団に入団
2013年 ファースト・アーティストに昇格
2014年 ソリストに昇格
2015年 ファースト・ソリストに昇格
2016年プリンシパルに昇格

ウィリアム・ブレイスウェル William Bracewell(ロミオ)

英国ロイヤル・バレエ団 ファースト・ソリスト
英国・ウェールズ南部のスウォンジー(Swansea)出身
パメラ・ミラー・バレエ・スクール(Pamela Miller Ballet School)を経て、11歳からは英国ロイヤル・バレエ・スクールで学ぶ
2010年 ユース・アメリカ・グランプリでグランプリ受賞
2010年 バーミンガム・ロイヤル・バレエ団入団
2012年 ファースト・アーティストに昇格
2014年 ファースト・ソリストに昇格
2017年 英国ロイヤル・バレエ団にソリストとして入団
2018年 ファースト・ソリストに昇格

マシュー・ボール Matthew Ball(ティボルト)

英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル
英国リバプール(Liverpool)出身
11歳のときに英国ロイヤル・バレエ・スクールに入学
2013/14シーズンから英国ロイヤル・バレエ団に入団
2015年 ファースト・アーティストに昇格
2016年 ソリストに昇格
2017年 ファースト・ソリストに昇格
2018年 プリンシパルに昇格

映画『ロミオとジュリエット』フランチェスカ・ヘイワード インタビュー
映画『ロミオとジュリエット』フランチェスカ・ヘイワード インタビュー
Francesca Hayward on Romeo & Juliet: Beyond Words, The Royal Ballet, Cats at premiere – interview
Francesca Hayward on Romeo & Juliet: Beyond Words, The Royal Ballet, Cats at premiere – interview

映画『ロミオとジュリエット』関連動画

Act l Balcony Pas de Deux | Romeo and Juliet: Beyond Words | Royal Ballet
Act l Balcony Pas de Deux | Romeo and Juliet: Beyond Words | Royal Ballet
Act ll Pater Scene | Romeo and Juliet: Beyond Words | Royal Ballet
Act ll Pater Scene | Romeo and Juliet: Beyond Words | Royal Ballet

映画『ロミオとジュリエット』上映概要

上映概要

■公開日:2020年3月6日(金) TOHOシネマズシャンテ 他 全国ロードショー
■制作:マイケル・ナン Michael Nunn、ウィリアム・トレヴィット William Trevitt
■監督:マイケル・ナン
■撮影監督:ウィリアム・トレヴィット
■エグゼクティブ・プロデューサー:ケヴィン・オヘア Kevin O’Hare
■振付:ケネス・マクミラン Kenneth MacMillan
■音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
■美術:ニコラス・ジョージアディス Nicholas Georgiadis
■指揮:コーエン・ケッセルス Koen Kessels
■管弦楽:英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団

■キャスト:
ジュリエット:フランチェスカ・ヘイワード Francesca Hayward
ロミオ:ウィリアム・ブレイスウェル William Bracewell
ティボルト:マシュー・ボール Matthew Ball
マキューシオ:マルセリーノ・サンベ Marcelino Sambé
ベンヴォーリオ:ジェームズ・ヘイ James Hay
パリス:トーマス・モック Tomas Mock
キャピュレット卿:クリストファー・サンダース Christopher Saunders
キャピュレット夫人:クリステン・マクナリー Kristen McNally
乳母:ロマニー・パイダク Romany Pajdak
ロレンス神父:ベネット・ガートサイド Bennet Gartside

ラウラ・モレーラ Laura Morera
ベアトリス・スティクス=ブルネル Beatriz Stix-Brunell
ミーガン・グレース・ヒンキス Meaghan Grace-Hinkis
マヤラ・マグリ Mayara Magri
アンナ・ローズ・オサリヴァン Anna Rose O’Sullivan
金子扶生 Fumi Kaneko
トーマス・ホワイトヘッド Thomas Whitehead
ゲイリー・エイヴィス Gary Avis
アクリ瑠嘉 Luca Acri
トリスタン・ダイアー Tristan Dyer
桂 千里 Chisato Katsura
前田紗江 Sae Maeda
佐々木 万璃子 Mariko Sasaki
ほか英国ロイヤル・バレエ団

■公式サイト:https://romeo-juliet.jp/
■配給:東宝東和

上映劇場

■北海道地区
【北海道】札幌シネマフロンティア

■東北地区
【宮城】フォーラム仙台

■関東地区
【千葉】TOHOシネマズ流山おおたかの森 
【東京】TOHOシネマズ日本橋
【東京】TOHOシネマズ シャンテ
【東京】イオンシネマ シアタス調布
【神奈川】TOHOシネマズららぽーと横浜

■中部地区
【愛知】TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

■近畿地区
【京都】イオンシネマ京都桂川
【大阪】大阪ステーションシティシネマ
【兵庫】TOHOシネマズ西宮OS

■九州・沖縄地区
【福岡】福岡中洲大洋

最後に

今回は、英国ロイヤル・バレエ団の新世代ダンサーが出演し、劇場を飛び出し、生き生きと再現された16世紀のヴェローナの街並みで撮影された画期的なバレエ映画『ロミオとジュリエット』について紹介いたしました。

予告編映像を見る限り、マクミランの魅力的な振付を損なうことなく、むしろ、劇場という制約を離れてより現実的な映像作品となり、見る側にとり、あたかも16世紀のヴェローナに迷い込み『ロミオとジュリエット』が現実に生きた世界の住人になったかのような感覚を得られる作品のように感じます。
映画化にあたっては、英国ロイヤル・バレエ団のダンサーとして活躍し、映像制作でもエミー賞を受賞するなど実績のあるマイケル・ナンとウィリアム・トレヴィットの貢献は非常に大きかったのではないでしょうか。

また、2019年から2020にかけて(日本では2020年)、『キャッツ』『ロミオとジュリエット』と主演する映画が立て続けに上映されるフランチェスカ・ヘイワードのバレエ界を超える活躍ぶりには目を見張り、嬉しい限りです。