【公演情報】小野絢子/福岡雄大主演『くるみ割り人形』(佐藤朱実バレエスクール10周年記念公演 2018/10/21)

牧阿佐美バレヱ団の元プリンシパル 佐藤朱実さんが主催する「佐藤朱実バレエスクール」が、2018年10月21日(日)、江戸川区総合文化センター(東京)において10周年記念公演『くるみ割り人形』(全幕)を上演します。

主演は、新国立劇場バレエ団の小野絢子さんと福岡雄大さんのペアです。

演出・再振付は、「ローザンヌ国際バレエコンクール」(NHK)の解説者としても有名な元バーミンガム・ロイヤル・バレエの山本康介さんです。

佐藤朱実バレエスクール10周年記念公演 開催概要

公演開催概要

THE NUTCRACKER <~くるみ割り人形~ 全幕>
オープニング レ・シルフィード

【日時】 2018年10月21日(日)15:30開演

【会場】 江戸川区総合文化センター 大ホール(東京都江戸川区)

【演出・再振付】 山本康介(元バーミンガム・ロイヤル・バレエ)

【チケット】 S席¥3,000/A席¥2,000(全席指定)(膝上不可・親子室有り)

【キャスト】

金平糖の精:小野絢子(新国立劇場バレエ団)
王子:福岡雄大(新国立劇場バレエ団)

〈ゲスト・ダンサー〉

高比良 洋(メザミバレエスタジオディレクター)
福田圭吾(新国立劇場バレエ団)
土方一生(バレエシャンブルウエスト)
林田翔平(スターダンサーズ・バレエ団)

公演に関する詳細は、佐藤朱実バレエスクール公式サイトをご確認ください。

⇒ http://akebs.net/vo10_performance

佐藤朱実バレエスクールについて

牧阿佐美バレヱ団の元プリンシパル 佐藤朱美さんが主催するバレエスクールで千葉県船橋市に所在し、2008年5月に開校。

今年(2018年)は開校10周年。

10周年を記念して初めて全幕上演に挑戦する。

佐藤さんは、橘バレエ学校、日本ジュニアバレエ、AMステュ―デンツ第7期生の出身。牧阿佐美バレヱ団で活躍後、2008年9月に怪我のため現役ダンサーを引退。

佐藤朱実バレエスクール10周年記念公演の見どころ

佐藤朱実バレエスクールはスクール開校10周年を記念して初めて全幕バレエの上演に挑戦します。

演目に選んだのは、チャイコフスキー三大バレエの一つ『くるみ割り人形』です。

演出・再振付するのは、「ローザンヌ国際バレエコンクール」(NHK)の解説者としてもおなじみの元バーミンガム・ロイヤル・バレエの山本康介さんということもあり、どのような『くるみ』に仕上がるのか、楽しみです。

主演は、新国立劇場バレエ団の誇る看板ペア 小野絢子さんと福岡雄大さんです。

お二人は新国立劇場バレエ団の新制作『不思議の国のアリス』にも主演が決まっており、11月2日の開幕を控えた時期です。

素人ながらに、よく振りがごちゃ混ぜにならないな、と感心します。

新国では12月にウエイン・イーグリング版『くるみ割り人形』を上演します。

イーグリング版は昨年(2017年)新制作された作品で、それ以前は牧阿佐美版『くるみ割り人形』を上演していました。

小野/福岡ペアの『くるみ』を何度もご覧になっている方にとっても山本康介版『くるみ割り人形』は初めての鑑賞になりますので、他の版と見比べて観る楽しみもありそうです!

なお、牧阿佐美版もウエイン・イーグリング版も世界文化社からDVDが発売されていますので、事前に予習することができます。

新国からは、福田圭吾さんもゲストで出演します。

テクニシャンの福田さんが、佐藤朱実バレエスクール公演ではどの役で出演するのでしょうか?

また、元新国立劇場バレエ団で現在はスターダンサーズ・バレエ団のトップ・ダンサーとして活躍中の林田翔平さんもゲスト出演します。

スターダンサーズ・バレエ団移籍後の活躍は目覚ましく、最近ではカンパニーの代表作バレエ『ドラゴンクエスト』にも主演されている注目のダンサーです。

佐藤朱実バレエスクールに通うお子様の親御さんにとっては、お子様の活躍も楽しみだと思います。

ゲストのトップ・ダンサーとリハーサルの時間を共有することで多くの学びがあることと思います。

そんな生徒さんの成長する姿を観るのは、関係者にとってかけがえのない舞台ではないでしょうか。

佐藤朱実 バレエスクール 10周年記念公演「くるみ割り人形」全幕 リハーサル Movie Vol.1

(YouTube / o.s.arts pro 公式チャンネル)

佐藤朱実 バレエスクール 10周年記念公演「くるみ割り人形」全幕 リハーサル Movie Vol.2

(YouTube / o.s.arts pro 公式チャンネル)