【TV放送】英国ロイヤル・バレエ リアム・スカーレット版『白鳥の湖』 映像で魅力を確認!(プレミアムシアターの予習・復習に)

2019年2月18日(月)【2月17日(日)深夜】、NHK BS プレミアムシアターで英国ロイヤル・バレエのリアム・スカーレット版『白鳥の湖』が放送されますが、作品理解に役立つ映像をまとめました。

2月18日(月)のプレミアムシアターを視聴する前の予習に最適です!

また、『白鳥の湖』を鑑賞して感動した方、見逃してしまい残念に思っている方も是非、ご覧ください。

今回は、YouTubeの「英国ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)」公式チャンネルで公開されている映像についてご紹介します。

英国ロイヤル・バレエ リアム・スカーレット版『白鳥の湖』 映像集

リアム・スカーレット版『白鳥の湖』について

2019年2月11日の記事でも紹介しておりますが、まずは2019年2月18日(月)【2月17日(日)深夜】にNHK BS プレミアムシアターで放送される英国ロイヤル・バレエ リアム・スカーレット版『白鳥の湖』について簡単に紹介したいと思います。

英国ロイヤル・バレエは、1987年以来、アンソニー・ダウエル版『白鳥の湖』を上演していましたが、2018年にリアム・スカーレットによる新しいプロダクションを制作しました。

プレミアムシアターで放送されるのが、このリアム・スカーレット版『白鳥の湖』であり、昨年、「英国ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン」で上映された公演です。

新しいプロダクションということもあり、英国ロイヤル・オペラ・ハウスは多くの映像を公開しており、シネマシーズンで上映された解説映像も含まれています。

その中から、『白鳥の湖』の代表的な場面の映像、制作スタッフ・ダンサーをはじめとした関係者のインタビュー映像などを紹介します。

リアム・スカーレット版『白鳥の湖』映像集

まずは、このブログでも既に紹介している定番のリアム・スカーレット版『白鳥の湖』予告編です。
作品に対する期待感が湧いてくる映像です。

Swan Lake trailer (The Royal Ballet)

つづいて、『白鳥の湖』の名場面から3つの映像です。
最初は、プレミアムシアターで放送されるキャストのマリアネラ・ヌニェス(オデット/オディール)とワディム・ムンタギロフ(ジークフリート王子)による第三幕「黒鳥のパ・ド・ドゥ」です。
この作品の中の最大の見せ場を惜しげもなく公開しています。
マリアネラ・ヌニェスさんもワディム・ムンタギロフさんも超絶技巧をあたかも簡単なパであるかのように踊っています。

Swan Lake – Coda from the Black Swan pas de deux in Act III (The Royal Ballet)

次は、第二幕からコール・ド・バレエです。

Swan Lake – Act II corps de ballet (The Royal Ballet)

次は、「小さな四羽の白鳥」です。
ミーガン・グレース・ヒンキス(Meaghan Grace Hinkis)、イザベラ・ガスパリーニ(Isabella Gasparini)、ロマニー・パジャック(Romany Pajdak)、エリザベス・ハロッド(Elizabeth Harrod)の四人が踊っています。

Swan Lake – Dance of the cygnets (The Royal Ballet)

つづいては、新制作におけるコメントです。
ケヴィン・オヘア芸術監督、演出・振付のリアム・スカーレットさん、美術のジョン・マクファーレンさん、オデット/オディールのマニアネラ・ヌニェスさん、ジークフリート王子のワディム・ムンタギロフさんが登場し、新しいプロダクションについて語っています。
リハーサル室にてワディム・ムンタギロフさんが超絶技巧を決めた際には、他のダンサーから拍手喝采を受けています。

Why The Royal Ballet love dancing Swan Lake

ドレスリハーサル(ゲネプロ)のときに撮影したものでしょうか。
元プリンシパルのダーシー・バッセルさんが舞台裏からリポートしています。
大道具と床の段差を利用してふくらはぎのストレッチをしているファースト・アーティストのイザベラ・ガスパリーニ(Isabella Gasparini)さんとHannah Grennell(読み方不明)さんに話しかけています。
『白鳥の湖』でのコール・ド・バレエがいかに大変なことがヒシヒシと伝わってきます。

Darcey Bussell the challenges of dancing as a Swan (The Royal Ballet)

リアム・スカーレットさんが絶大な信頼を寄せるスコットランド出身の美術家ジョン・マクファーレン(John Macfarlane)さんが登場し、新制作『白鳥の湖』の舞台装置・衣装がいかに創作されるかについて語っています。

Designing a classic: How Swan Lake’s set and costumes were created (The Royal Ballet)

主役のマニアネラ・ヌニェスさんとワディム・ムンタギロフさんのリハーサルです。
インタビューではお互いを褒めちぎっていますね。(´▽`)

Marianela Nuñez and Vadim Muntagirov on the joys and challenges of Swan Lake (The Royal Ballet)

次の映像は公開リハーサルの様子ですが、1時間47分46秒と長い映像です。
マニアネラ・ヌニェスさんとワディム・ムンタギロフさんのリハーサル、リアム・スカーレットさんとジョン・マクファーレンさんのインタビュー、スパニッシュ・ダンスのリハーサルがあります。
スパニッシュ・ダンスのリハーサルには、キャラクター・ダンス指導のアマンダ・マックスウェル(Amanda Maxwell)さんも合流します。
リアム・スカーレットさんが自ら踊って見本を示す際には、メガネを外して真剣に踊る場面も見られます!

The Royal Ballet rehearse Liam Scarlett’s new Swan Lake

ここからは、リアム・スカーレット版以前に上演されていたアンソニー・ダウエル版の『白鳥の湖』です。
まずは、予告編映像から。

Swan Lake trailer (The Royal Ballet)(2012/09/26 公開)

リアム・スカーレット版の新制作にあたり、ケヴィン・オヘア芸術監督の意向もあり白鳥たちの衣装をチュチュに戻していますが、それ以前はどうだったのでしょうか?
次の映像で確認することができます。

Swan Lake: Corps de Ballet (The Royal Ballet)(2012/10/24公開)

最後に

今回は、2018年に新制作された英国ロイヤル・バレエ リアム・スカーレット版『白鳥の湖』がNHK BS プレミアムシアターで放送される機会に合わせて公式映像をご紹介しました。

放送を見る前の予習として、あるいは、放送後には鑑賞した感動を再度味わったり、作品の理解を深めたりすることにお役立ていただけるものと思います。

2018年のバレエ界において大きなトピックスであった英国ロイヤル・バレエの『白鳥の湖』新制作を作品とともに味わっていただければ幸いです。

【関連記事】

【TV放送】英国ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』/ボリショイ・バレエ『黄金時代』 2019/2/18(月)【2/17(日)深夜】0:00~(プレミアムシアター)
2019年2月18日(月)【2月17日(日)深夜】午前0時00分~のNHK BS プレミアムシアターでは、英国ロイヤル・バレエ『白鳥...