【公演情報】新国立劇場バレエ団『シンデレラ』(2019年4~5月)

新国立劇場バレエ団は、2019年4月27日(土)から5月5日(日・祝)の期間、東京・初台の新国立劇場にて『シンデレラ』を上演します。

お子様から大人まで、バレエ初心者から上級者まで、誰もが楽しめる舞台です。

今年のゴールデンウィークは新国立劇場バレエ団『シンデレラ』で夢のようなひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

新国立劇場バレエ団『シンデレラ』(2018/2019シーズン)

新国立劇場バレエ団 アシュトン版『シンデレラ』について

『シンデレラ』は皆がよく知るシャルル・ペローの童話から生まれたバレエです。

セルゲイ・プロコフィエフの音楽に振り付けられた『シンデレラ』としては、ロスチスラフ・ザハロフ版が最初の作品で、1945年11月21日にボリショイ劇場で初演されました。

その後も多くの版が制作されています。

代表的なものでは、1946年にコンスタンチン・セルゲーエフ版、1948年にフレデリック・アシュトン版、1986年にルドルフ・ヌレエフ版、1992年にジョン・ノイマイヤー版、1999年にジャン=クリストフ・マイヨー版、2004年にウラジーミル・マラーホフ版、2010年デヴィッド・ビントレー版などが上演されています。

これだけ多くの作品の中から新国立劇場バレエ団が上演するのはフレデリック・アシュトン版『シンデレラ』です。

英国ロイヤル・バレエ団の全面的な協力のもとに1992年12月にカンパニー初演され、日本では新国立劇場バレエ団のみが持つレパートリーです。

新国立劇場バレエ団『シンデレラ』(2018/2019シーズン)のみどころ

「シンデレラストーリー」という言葉があるように、女性ならシンデレラのように幸せを手に入れることを夢見るのではないでしょうか。

不遇な少女が王子様との運命の出会いにより幸せを手に入れる物語は、素直に幸せな気分にさせてくれます。

アシュトン版『シンデレラ』の特徴・みどころは、上半身の使い方とスピーディーなステップといったアシュトン特有の振付・踊り方とキャラクター・ダンサーのコメディー・シーンが挙げられます。

多くのダンサーが、アシュトンならではの振付や音の取り方、演技などが難しいと語りますが、素人目には簡単に軽々と踊りこなし、演じているように見えます。

この難しいと言われるアシュトン特有の踊りをダンサーがいかに踊りこなしているのか、瞬きせずに堪能してください。( ゚д゚)

また、自らが優れたキャラクター・ダンサーでもあったアシュトンらしく、シンデレラの義理の姉を男性が女装して演じるなど、思わず笑ってしまうコメディー・シーンがあちらこちらに散りばめられています。

アシュトン自身も義理の姉役で出演したといいますが、こういったコミカルなシーンの存在によりロマンティックなシーンがさらに生きてくるのではないでしょうか。

さらに、新国立劇場バレエ団ならではの多彩なキャスティングも楽しみです。

主人公シンデレラのキャラクターをポジティブなものと解釈するのか、不遇な環境に身を置く不幸なキャラクターと解釈するのかなど、演じるダンサーがどのような解釈をするのかによっても作品の雰囲気は変わってきます。

今回の上演では4組のキャストが用意されています。

小野絢子さん、米沢 唯さん、池田理沙子さん、木村優里さんといった新国を代表する4名のダンサーが、それぞれどんなシンデレラ像を表現するのか、という点にも注目してみたいですね!

ちなみにアシュトン版における主人公シンデレラのキャラクター設定は、ポジティブで前向きに頑張るイメージだと言われています。

アシュトン版『シンデレラ』は、子供向けに制作されたという訳ではありませんが、分かりやすいストーリー、みどころ満載の踊り、思わず笑みがこぼれる楽しい演出が散りばめられており、お子様も飽きることなく楽しめるバレエではないでしょうか。

休憩を含めて約2時間半とお子様には少し長いかも知れませんが、テンポよく進む舞台に引き込まれてしまうはずです。

3分でわかる!バレエ「シンデレラ」|新国立劇場バレエ団

(YouTube / 新国立劇場 New National Theatre Tokyo 公式チャンネル)

公演概要

■日程:2019年4月27日(土)~5月5日(日・祝)(全6回)
■会場:新国立劇場 オペラパレス(京王新線「初台駅」中央口直結)
■予定上演時間:2時間35分(休憩含む)
■チケット:S席12,960円/A席10,800円/B席7,560円/C席4,320円/D席3,240円
■スタッフ:
– 音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
– 振付:フレデリック・アシュトン
– 指揮:冨田実里
– 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
■キャスト:
4月27日(土) シンデレラ:米沢 唯/王子:渡邊峻郁
4月28日(日) シンデレラ:小野絢子/王子:福岡雄大
4月29日(月・祝) シンデレラ:木村優里/王子:井澤 駿
5月3日(金・祝) シンデレラ:米沢 唯/王子:渡邊峻郁
5月4日(土・祝) シンデレラ:池田理沙子/王子:奥村康祐
5月5日(日・祝) シンデレラ:小野絢子/王子:福岡雄大

公演の詳細は新国立劇場公式サイトをご確認ください。

>>> 新国立劇場バレエ団『シンデレラ』特設サイト

2019年4~6月には新国立劇場バレエ団を含め、日本を代表する3つのバレエカンパニーが『シンデレラ』を上演します。

5月11日(土)・12日(日)にはスターダンサーズ・バレエ団が上演し、Kバレエカンパニーは5月24日(金)~6月6日(木)に東京、浜松、大阪の3都市4会場にて上演します。

それぞれのカンパニーがレパートリーとする版(バージョン)の特徴や出演するダンサーを見比べてみるのも楽しいですね!

【公演情報】スターダンサーズ・バレエ団『シンデレラ』2019年5月11日(土)・12日(日)
スターダンサーズ・バレエ団は2019年5月11日(土)・12日(日)にテアトロ・ジーリオ・ショウワにて『シンデレラ』(全2幕)を上演...
【公演情報】K-BALLET COMPANY『シンデレラ』東京/浜松/大阪で上演(2019年5~6月)
Kバレエカンパニーは2019年5月24日(金)~6月6日(木)の期間、東京、浜松、大阪の3都市4会場にて『シンデレラ』(全3幕)を上...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする