【公演情報】新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』北海道公演/札幌文化芸術劇場 hitaru(2019年11月)

北海道・札幌文化芸術劇場 hitaruは、2019年11月9日(土)・10日(日)の二日間、新国立劇場バレエ団によるウエイン・イーグリング版『くるみ割り人形』を上演します。

hitaruでの新国立劇場バレエ団公演は、2018年11月に『白鳥の湖』を上演して以来、一年ぶりです。

主役は小野絢子・福岡雄大ペアと米沢 唯・井澤 駿ペアのダブルキャストです。

【7/16追記】メンバーズ限定第2次抽選先行販売8月21日開始!
【9/13追記】一般販売9月21日(土)開始

札幌文化芸術劇場 hitaru 新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』 公演概要

新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』について

今回上演される『くるみ割り人形』は、2017年に新国立劇場 オペラパレスにて初演されたウエイン・イーグリング版です。

新国立劇場バレエ団では、イーグリング版が新制作されるまで、牧 阿佐美版『くるみ割り人形』を上演していました。

牧版は、舞台装置を新国立劇場 オペラパレスの大きな舞台に合わせて制作していたため、全国公演で上演できる劇場はなかったようです。

イーグリング版が新制作された背景には、新国立劇場 オペラパレス以外でも上演できる『くるみ割り人形』をレパートリーに取り入れたい、という意図もあったようです。

また、振り付けを担当したウエイン・イーグリングさんは、子どもを舞台に登場させるのが好きだと述べています。

舞台を観た同世代の子どもが「自分も踊ってみたい」と感じ、バレエを習い始めるきっかけになることを期待しているようで、実際、大勢のチビっ子ダンサーが出演します。

今回の上演は、このようなイーグリング版『くるみ割り人形』新制作にかけた思いが叶う公演になる訳ですね。

イーグリング版『くるみ割り人形』の大きな特徴として、一人の女性主役ダンサーがクララ/こんぺい糖の精の二役を踊ること、一人の男性主役ダンサーがドロッセルマイヤーの甥/くるみ割り人形/王子の三役を踊ることが挙げられます。

主役を踊るダンサーにとっては非常にハードな役どころになりますが、観客にとっては最高の踊りを堪能することができる見応えある作品となっています。

英語タイトルが”THE NUTCRACKER AND THE MOUSE KING”である通り、”THE MOUSE KING”=「ねずみの王様」も通常の『くるみ割り人形』よりもしぶとく(?)登場し、ユーモラスな存在として描かれています。

また、先に述べた通り子どものダンサーも出演しますが、この子役ダンサーはオーディションを実施して選ばれます。(オーディションについては記事の最後で説明しています)

同世代の子どもも出演し、お子様も舞台に親しみを感じながら鑑賞できるのではないかと思います。

よく見る『くるみ割り人形』とは少し異なる設定や演出があり、少し戸惑うところもありますが、とにかく楽しめる作品です!(´▽`)

3分でわかる!バレエ『くるみ割り人形』|新国立劇場バレエ団

(YouTube / 新国立劇場 New National Theatre Tokyo 公式チャンネル)

なお、新国立劇場バレエ団 ウエイン・イーグリング版『くるみ割り人形』は世界文化社からオフィシャルDVD BOOKSも発売されています。

主演は、札幌公演でも主演する小野絢子さんと福岡雄大さんのペアです。

主演ダンサーインタビューや理解が深まる解説もついていて、公演を鑑賞する前の予習に最適です。

新国立劇場と札幌文化芸術劇場 hitaruについて

新国立劇場運営財団と公益財団法人 札幌市芸術文化財団とは、人材交流・人材育成などについて連携・協力し、芸術文化の振興に貢献することなどを目的として、2018年4月17日(火)に協定を締結しています。

公益財団法人 札幌市芸術文化財団が運営する札幌文化芸術劇場(愛称:hitaru)は2018年10月7日(日)に開場し、11月23日(金・祝)、24日(土)には新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』を上演しています。

この公演には、両日ともに小野絢子・福岡雄大ペアが主演しています。

公演概要

■日程:2019年11月9日(土)・10日(日)14:00開演(13:15開場)
(予定上演時間:約2時間15分)
■会場:札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市営地下鉄東西線、南北線、東豊線「大通駅」30番出口から西2丁目地下歩道直結 徒歩約2分)
■指揮:冨田実里(新国立劇場バレエ団 レジデントコンダクター)
■管弦楽:札幌交響楽団
■合唱:札幌北野少年少女合唱団
■キャスト:
【11/9(土)】
– クララ/こんぺい糖の精:小野絢子(プリンシパル)
– ドロッセルマイヤーの甥/くるみ割り人形/王子:福岡雄大(プリンシパル)
【11/10(日)】
– クララ/こんぺい糖の精:米沢 唯(プリンシパル)
– ドロッセルマイヤーの甥/くるみ割り人形/王子:井澤 駿(プリンシパル)
■主催:札幌市、札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)
■チケット:6月15日(土)からプラザメンバーズ会員限定 先行抽選販売開始(詳細未定)

公演の詳細、最新情報などは公式サイトをご確認ください。

>>> 札幌文化芸術劇場 hitaru 新国立劇場バレエ団「くるみ割り人形」

【7/16追記】
新国立劇場バレエ団「くるみ割り人形」札幌市民交流メンバーズ限定
第2次抽選先行販売8月21日開始!
・抽選受付期間:2019年8月21日(水)10:00~9月1日(日)23:59
・抽選日:2019年9月6日(金)
※11月9日(土)公演のS席、C席は予定枚数に達したため、販売はありません。詳細は公式サイトをご確認ください。
→ 札幌市民交流プラザ

【9/13追記】
【一般販売】2019年9月21日(土)10:00~
チケット販売情報はこちらをご確認ください。

子役オーディション

この公演に出演する子役のオーディションが5月26日(日)に開催されます。
応募締切は2019年5月10日(金)です。
オーディションについては次の記事にまとめてありますので、興味のある方はご確認ください。

【子役オーディション】新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』(2019年11月札幌文化芸術劇場 hitaru)
2019年11月9日(土)・10日(日)、北海道・札幌文化芸術劇場 hitaruにて上演される新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』に...