【TV】ドキュメンタリー「LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々」(NHK BS1スペシャル)

2019年8月7日(水)・8日(木)の引退公演でバレエ・ダンサーを引退した吉田 都さんの引退までの300日間を追ったドキュメンタリー番組が、2019年11月24日(日)にNHK BS1スペシャルで放送されます。
11月18日(月)【17日(日)深夜】には、引退公演の様子がNHK
BSプレミアムで放送されますが、その公演に向けての約10か月の密着ドキュメンタリーです。

NHK BS1スペシャル
LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々

LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々 放送概要

■放送日時(チャンネル):
・2019年11月24日(日)22:00~23:50(NHK BS1)
・2019年11月30日(土)10:00~11:50(NHK BS1)【11/23追記】
・2019年12月2日(月)19:00~(NHK BS1)【11/27追記】
・2019年12月14日(土)15:05~(NHK 総合テレビ)
・2019年12月29日(日)15:45~(NHK BS4K)
■放送内容:

世界三大バレエ「英国ロイヤルバレエ」のプリンシパルにアジア人女性で初めて選ばれた吉田都。53歳でついに引退を決意。カメラは引退までの壮絶な1年に密着。股関節の疲労骨折、ロンドンでの緊急入院、大切な家族との別れ…。それでも悔いのない舞台を作り上げるために妥協なくチャレンジを続ける。しかし本番直前にさらなるトラブルが吉田を襲う…!感動のラストステージまでを追った知られざる300日間の舞台裏の物語。
(引用元:https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-11-24/11/10512/3115725/)

NHKのおすすめドキュメンタリーを紹介するインターネット・サイト「もっとドキュメンタリー」では、番組ディレクターの生田聖子さんが番組制作の裏側を紹介してくださっています。

「LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々」を企画・制作したのは、2007年放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」と同じ撮影・編集チームだそうです。
「プロフェッショナル仕事の流儀」を取材・制作した縁で、番組スタッフ・チームと吉田 都さんは毎年集まる会を続けていたそうですが、2018年に集まった際に、引退を決意したことが告げられたそうです。
その決意を聞かされ、かつて「プロフェッショナル仕事の流儀」で取材したのと同じ撮影・編集チームで記録することとなり、約10か月の密着取材がスタートしたそうです。

番組は全編で約99分という長時間番組ですが、吉田 都さんの表情や空気感を視聴者に感じ取ってもらいたいという思いからナレーションは入れてないそうです。

また、鉄拳さんが書き下ろしたパラパラ漫画で吉田 都さんの「闘いの日々」を表現しているそうです。

番組名にもあるように密着取材の約10か月は「引退までの闘いの日々」になったそうです。
股関節疲労骨折、ロンドンでの緊急入院、家族との別れなど…
そんな中、吉田都さんらしさを感じるエピソードとして、難しい新作2作品に挑んだことが挙げられています。
「あえて、ちょっと無理だと思う作品を選び、そこを目指し努力することで何とかレベルをキープする」ことがその理由です。
自分に厳しく、さらなる高みを目指す吉田都さんらしい考え方ですね。
この2作品とは、フレデリック・アシュトンの「誕生日の贈り物 -Birthday Offering-」から抜粋とピーター・ライトの「ミラー・ウォーカーズ」からのことではないでしょうか。

いつも自分に厳しい吉田 都さんは終演後のインタビューでは反省を口にすることが常のようでしたが、ラストステージだけは「ほんとうに幸せな時間でしたと満面の笑みでおっしゃった」そうです。

LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々 関連リンク

■番組公式サイト
→ BS1スペシャル▽LAST DANCE~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々

■「もっとドキュメンタリー」
制作スタッフが番組を企画したきっかけ、制作でこだわった点、苦労した点などを紹介
→ https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/3115725/index.html

■バレエチャンネル
【ロングインタビュー】吉田 都「引退までの日々のこと。そしていま、これからのこと。」
引退公演の10カ月前からNHKが密着取材したドキュメンタリー番組「LAST DANCE ~バレリーナ吉田都 引退までの闘いの日々~」の
放送を前に行われたインタビュー記事

 

シェアする

フォローする