宝満直也さん(元新国立劇場バレエ団)、NBAバレエ団に入団!

2017年10-11月の新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』(新制作/ウエイン・イーグリング版)を最後に、惜しまれながら同バレエ団を退団した宝満直也さんが、NBAバレエ団に入団していたことが判明しました。

宝満さんは、新国立劇場バレエ研修所終了後に新国立劇場バレエ団に入団し、2015年にはファースト・アーティストに昇進し、今後の活躍が期待されていました。

古典作品はもちろん、宝満さんといえばコンテンポラリーを思い浮かべる人も少なくないと思います。

彼の去就に注目が集まっていましたが、かくいう私も宝満さんに対するイメージはコンテンポラリーが強かったため、コンテンポラリーを活動の中心に据えるのではないかと思っておりました。しかし、そうではなかったようです。

NBAバレエ団ダンサーとしての初舞台は『海賊』のようです。(もしかしたら12月の『くるみ割り人形』にも出演していたかもしれませんが、現時点では不明です)

宝満さんは、パシャ・ザイード役での出演が決定しています。

2018年3月に上演される『海賊』は、NBAバレエ団芸術監督である久保綋一氏の初振付、世界初演です。

音楽は、佐村河内守氏のゴーストライターとして有名になってしまった新垣隆氏によるものです。
ゴーストライター事件が落ち着いてからは、本業でも良い仕事をされているようですね。

そして、もう一つ、驚くべきニュースがあります。
振付は、久保監督ですが、振付助手として宝満さんの名前がクレジットされています。
NBAバレエ団入団の理由の一つはここにありそうです。
推測に過ぎませんが、振付の才能を評価されての入団だったのではないでしょうか。
新国時代も、新国立劇場バレエ団から振付家を育成するプロジェクト『NBJ Choreographic Group』における活躍は目覚ましいものがあり、彼の振付家としての才能は自他ともに認めるものでした。
振付家としてのキャリア形成を目指す宝満さんと、久保芸術監督のもとに進化を続けるNBAバレエ団との運命の邂逅を感じずにはいられません。

◆ 公演概要

NBAバレエ団 『海賊』
振付:久保綋一
振付助手:宝満直也
作曲:新垣隆
日時:2017年3月17日(土)14:00~・18日(日)14:00~
場所:東京文化会館

主要キャスト
【17日】
コンラッド:宮内浩之
メドーラ:峰岸千晶
ギュルナーレ:佐藤圭
パシャ・ザイード:宝満直也
アリ:チェンウ・グォ
ビルバンド:大森康正

【18日】
コンラッド:高橋真之
メドーラ:竹田仁美
ギュルナーレ:竹内碧
パシャ・ザイード:土橋冬夢
アリ:新井悠汰
ビルバンド:安西健塁

宝満さんの新天地におけるダンサー及び振付家としてのご活躍を期待しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする