【公演情報】ロシア・バレエ・ガラ 2018

2018年9月、「ロシア・バレエ・ガラ 2018」が文京シビックホールで開催されます。

舞踏生活40周年のルジマトフさん、デビュー20周年のペレンさんなど、ロシアで活躍するロシア人ダンサーが共演します。

なお、予定されていたエレーナ・パンコーヴァさんが出演できなくなり、代わりにボリショイ・バレエのソリスト、スヴェトラーナ・パヴロワさんが出演することになりました。(8/17)

ロシア・バレエ・ガラ 2018 公演概要

RUSSIAN BALLET GALA

ロシア・バレエ・ガラ 2018

日本におけるロシア年2018

2018年9月1日(土)15:00開演 / 9月2日(日)15:00開演

文京シビックホール 大ホール

S席13,000円 / A席10,000円 / B席7,000円 / C席5,000円

【プログラム】

9月1日

第1部

『パ・ド・カトル』

パンコーヴァ、ペレン、ゴリャチェワ、チェブキナ

『眠りの森の美女』第3幕よりパ・ド・ドゥ

ボンダレワ、ジュリーロフ

『日本初演作品(タイトル未定)』

ペレン、シェミウノフ

『牧神の午後』

マハリナ、ルジマトフ

第2部

「ムーア人のパヴァーヌ~『オテロ』のテーマによるヴァリエーション」

ルジマトフ、ペレン、オマール、マフヴィラーゼ

第3部

『薔薇の精』

パンコーヴァ、ヤフニューク

『オネーギン』よりパ・ド・ドゥ

ゴリャチェワ、ヴェンシコフ

『レクイエム』

ルジマトフ

『ドン・キホーテ』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ

ボンダレワ、マヌイロフ

ロシア・バレエ・ガラ2018 PV

(YouTube / koranshaTV)

9月2日

第1部

『パ・ド・カトル』

パンコーヴァ、ペレン、ゴリャチェワ、チェブキナ

『眠りの森の美女』第3幕よりパ・ド・ドゥ

ボンダレワ、ジュリーロフ

『メロディー』

ペレン、シェミウノフ

『牧神の午後』

マハリナ、ルジマトフ

第2部

「ムーア人のパヴァーヌ~『オテロ』のテーマによるヴァリエーション」

ルジマトフ、ペレン、オマール、マフヴィラーゼ

第3部

『薔薇の精』

パンコーヴァ、ヤフニューク

『オネーギン』よりパ・ド・ドゥ

ゴリャチェワ、ヴェンシコフ

『瀕死の白鳥』

マハリナ

『ボレロ』

ルジマトフ

『ドン・キホーテ』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ

ボンダレワ、マヌイロフ

演目、ダンサー等が変更になる場合がありますので、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

公式サイト ⇒ http://www.koransha.com/ballet/rossiangala2018/

出演ダンサー

ユリア・マハリナ(マリインスキー・バレエ プリンシパル)

イリーナ・ペレン(ミハイロフスキー劇場バレエ プリンシパル)

エレーナ・パンコーヴァ(元マリインスキー・バレエ プリンシパル)

オクサーナ・ボンダレワ(元マリインスキー・バレエ ファースト・ソリスト)

アナスタシア・ゴリャチェワ(ボリショイ・バレエ リーディング・ソリスト)

カテリーナ・チェブキナ(マリインスキー・バレエ セカンド・ソリスト)

ファルフ・ルジマトフ(ミハイロフスキー劇場バレエ 芸術顧問)

マラト・シェミウノフ(ミハイロフスキー劇場バレエ プリンシパル)

セルゲイ・マヌイロフ(モスクワ音楽劇場 シニア・プリンシパル)

アンドレイ・ヤフニューク(ミハイロフスキー劇場バレエ セカンド・ソリスト)

ボリス・ジュリーロフ(マリインスキー・バレエ)

エレーナ・パンコーヴァは、都合により来日することができなくなり、代わりにボリショイ・バレエのソリスト、スヴェトラーナ・パヴロワが出演することになりました。(8/17)