【シネマ】ルドルフ・ヌレエフの半生『ホワイト・クロウ』上映(第31回東京国際映画祭)

2018年10月25日(木)から11月3日(土・祝)まで開催する「第31回東京国際映画祭」でルドルフ・ヌレエフの反省を描いた映画『ホワイト・クロウ』が上映されます。

ヌレエフ役にはタタールスタン国立ロシアカザン歌劇場・プリンシパルのオレグ・イヴェンコが演じ、セルゲイ・ポルーニンも出演しています。

『ホワイト・クロウ』の上映は、《10月27日(土)20:40~》と《10月30日(火)12:45~》 の2回です。

『ホワイト・クロウ』(原題:The White Crow)について

『ホワイト・クロウ』

『ホワイト・クロウ』の監督は、映画『ハリー・ポッター』シリーズで《名前を言ってはいけないあの人》を演じた英国の俳優レイフ・ファインズです。

原作はジュリー・カヴァナーの『ルドルフ・ヌレエフ:ザ・ライフ』(Rudolf Nureyev: The Life)。

ヌレエフの伝記読み、長い間、映画化の構想を抱いていたそうです。

ヌレエフを演じるのは、タタールスタン国立ロシアカザン歌劇場のプリンシパル オレグ・イヴェンコです。

タタールスタン国立ロシアカザン歌劇場といえば、2017年モスクワ国際バレエコンクール金賞の大川航矢さんや寺田 翠さんも所属していたカンパニーですね。

アデル・エグザルコプロス(「アデル、ブルーは熱い色」)が、パリ社交界の花《クララ・セイント》を演じています。

セルゲイ・ポルーニンは、ヌレエフとともにキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)で活躍した《Yuri Soloviev(ユーリ・ソロビエフ?ソロフィエフ??)》役で出演しています。

ファインズ監督自らも出演し、ヌレエフの師《プーシキン》を演じています。

コンペ作品ガイド 『ホワイト・クロウ(原題)』| Competition Film Guide – The White Crow

(YouTube / 東京国際映画祭 Tokyo International Film Festival 公式チャンネル)

『ホワイト・クロウ』上映概要

『ホワイト・クロウ』(127分/カラー/英語/日本語字幕/2018年/イギリス)

【監督】 レイフ・ファインズ

【キャスト】

オレグ・イヴェンコ
アデル・エグザルホプロス
ラファエル・ペルソナ
セルゲイ・ポルーニン ほか

【料金】 一般¥1500/学生¥1000/学生当日¥500(上映当日0:00~)

【上映日程】

2018年10月27日(土)20:40~
EXシアター六本木
Q&A登壇ゲスト(予定):レイフ・ファインズ(監督/出演)

2018年10月30日(火)12:45~
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
登壇ゲスト(予定):ガブリエル・タナ(プロデューサー)

レイフ・ファインズ監督が登壇予定の10月27日(土)の上映は残席が少なくなってきているようです。(10/14現在)

関心のある方はお急ぎください!

第31回東京国際映画祭『ホワイト・クロウ』の詳細は公式サイトをご確認ください。

⇒ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP16

東京国際映画祭について

東京国際映画祭とは

東京国際映画祭 TOKYO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL(TIFF)は国際映画製作者連盟が公認する日本で唯一の国際映画祭。

1985年に日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した。

第31回東京国際映画祭 概要

第31回東京国際映画祭

【主催】 公益財団法人ユニジャパン(第31回東京国際映画祭実行委員会)

【期間】 2018年10月25日(木)~ 11月3日(土・祝)(10日間)

【会場】

六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか 都内の各劇場及び施設・ホール

第31回東京国際映画祭公式サイト

⇒ https://2018.tiff-jp.net/ja/