【公演情報】元パリ・オペラ座バレエ エトワール カール・パケット引退公演『ジゼル』/2019年7月14日(日)/ロームシアター京都

2018年12月31日にアデュー公演『シンデレラ』でスター俳優役を踊り、パリ・オペラ座バレエのエトワールを引退したカール・パケットが、日本での引退公演となる有馬龍子記念 京都バレエ団 『ジゼル』に出演します。

2019年7月14日(日)にロームシアター京都にて開催予定で、チケットの申込受付開始は3月22(金)です。

今回はカール・パケットの日本における引退公演についてお知らせします。

カール・パケット引退公演 有馬龍子記念 京都バレエ団 『ジゼル』

カール・パケット引退公演について

カール・パケットは、2018年12月31日にパリ・オペラ座バスティーユにて上演されたアデュー公演『シンデレラ』でスター俳優役を踊りパリ・オペラ座に別れを告げました。

日本のファンからも愛され、本人も愛した日本での引退公演となるのは、有馬龍子記念 京都バレエ団公演『ジゼル』(全2幕)で、2019年7月14日(日)にロームシアター京都にて上演されます。

ジゼル役は、オーストラリア出身でパリ・オペラ座バレエ スジェのビアンカ・スクダモア(Bianca Scudamore)が努めます。

振付・指導は、元パリ・オペラ座バレエ エトワール モニク・ルディエールとパリ・オペラ座バレエ学校教師 エリック・カミーヨが担当する贅沢な布陣となっています。

カール・パケットのアデュー公演を鑑賞しにパリまで来た日本のファンもいたそうです。

カール・パケットは、愛する日本のファンに「さよなら」を言うために、やって来ます。

パリまで行けなかったカール・パケットのファンの皆さん、この機会をお見逃しなく!

カール・パケット引退公演 有馬龍子記念 京都バレエ団 『ジゼル』(全2幕)公演概要

■日程:2019年7月14日(日)17:30開演
■会場:ロームシアター京都 メインホール
■アクセス:京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車1番出口より徒歩約10分、京阪電鉄「神宮丸太町」駅下車2番出口より徒歩約13分
■音楽:アドルフ・アダン
■指揮:江藤勝己
■演奏:びわこの風オーケストラ
■振付・指導:モニク・ルディエール(元パリ・オペラ座バレエ エトワール)、エリック・カミーヨ(パリ・オペラ座バレエ学校教師)
■共催:京都バレエ専門学校
■キャスト:
– ジゼル:ビアンカ・スクダモア(パリ・オペラ座バレエ スジェ)
– アルブレヒト:カール・パケット
■チケット:S席¥10,000/A席¥8,000/B席¥6,000/C席¥4,000(当日¥500up)
■チケット申込受付開始:3月22日(金)
■公式サイト:有馬龍子記念 一般社団法人京都バレエ団

元パリ・オペラ座バレエ エトワール カール・パケットについて

アデュー公演とは、パリ・オペラ座ダンサーの引退公演のことで、エトワールが引退する際にはアデュー公演の演目を本人の希望により決めることができます。

カール・パケットがアデュー公演に選んだのはヌレエフ版『シンデレラ』でした。

2018年12月31日のアデュー公演『シンデレラ』でスター俳優役を踊り、カール・パケットはパリ・オペラ座に別れを告げました。

ヌレエフ版『シンデレラ』の舞台は1930年台のハリウッドで、シンデレラは映画女優になることを憧れる少女、王子様はハリウッドのスター俳優という設定です。

1994年に17歳でパリ・オペラ座バレエに入団。
2001年にプルミエ・ダンスールに昇進、2009年にヌレエフ版『くるみ割り人形』を踊りエトワールに任命されました。
2018年12月31日、ヌレエフ版『シンデレラ』を踊り定年により引退しました。

パリ・オペラ座ダンサーには定年があり、その年令はかつては男性は45歳、女性は40歳でしたが、現在では男女問わずに42歳となっています。

Les adieux de Karl Paquette

(YouTube / Opéra national de Paris 公式チャンネル)